交通事故コラム

【図解】でわかる!バイク事故の事故発生状況報告書の書き方

交通事故被害者が加害者の保険会社に賠償金を請求する際に必要な「事故発生状況報告書」。交通事故発生時の状況を詳しく説明する大切な書類です。
ここでは、バイク事故の場合に特化し、「事故発生状況報告書」の書き方を図解と事例でわかりやすくご説明いたします。

バイク事故で「事故発生状況報告書」が大切な理由

事故発生状況報告書は、交通事故が発生した時の被害者と加害者や道路状況を詳細に説明するための書類です。

交通事故の事実自体は、警察が作成する「事故証明書(交通事故証明書)」で証明することができますが、「事故証明書」には、交通事故の状況は詳しく記載されていないため、それを「事故発生状況報告書」で補足する必要があります。

バイク事故では、「過失割合」が争点となることも多いため、バイク事故の被害者は、事故発生状況報告書をできるだけ詳細に記載することが、妥当な賠償金を受け取ることにつながります。

事故発生状況報告書を書く際の基本的なポイントは、「【図解】でわかる!事故発生状況報告書の書き方」のコラムでご説明していますので、そちらをご覧ください。

それでは、バイク事故における事故発生状況報告書の記入例を事例で確認していきましょう。

事例1:巻き込み事故の事故発生状況報告書

事故発生状況報告書サンプル

こちらの図解は、バイク事故の中で多いケースの一つ「巻き込み事故」における事故発生状況報告書の記入例です。

交差点でバイクが直進し、自動車が左折しようとした際に発生した交通事故の状況を記載しています。

作成のポイント

  • どちらが先行して交差点に進入したかを明確に記載しましょう

この図解は、自動車が先行して交差点に進入した巻き込み事故のため「事故発生状況報告書」はバイクのほうが後ろに記載されています。

これがもし、バイクが先行していた、もしくは事故直前に自動車がバイクを追い越したような場合は、その状況がわかるように記載をしましょう。

巻き込み事故では、バイクと自動車のどちらが先行して交差点に進入したかによって、「過失割合」が下記のように変わります。

そのため、バイクと自動車の動きを詳細に記載することが大切になってくるわけです。

図だけでは説明が十分ではない場合は、図の下の記入欄に状況を文章で記載してください。

自動車がウインカーを出さなかった場合や突然左折した場合なども文章で補足を加えましょう。

自動車側にこのような過失があると、下記の「過失割合」から、バイク側の過失が減る場合があります。

交差点での巻き込み事故の過失割合の一例

交差点進入時の状況 バイク 自動車
自動車が先行して交差点に進入 20 80
バイクが先行して交差点に進入 10 90
直前に自動車がバイクを追い越した場合 10 90

事例2:対向車が右直し、正面衝突した場合の「事故発生状況報告書」

事故発生状況報告書サンプル

こちらの図解は、交差点で直進するバイクと右折をする対向車が正面衝突をしてしまった交通事故の「事故発生状況報告書」の記入例です。

作成のポイント

  • 事故発生当時の信号の状況を詳細に記載しましょう
  • 右折した対向車がどのように交差点に進入したか記載しましょう
  • 前方に自動車が走行していた場合は前方車両も記載しましょう

交差点での正面衝突では、信号の状況、右折した対向車の右折までの動き、見通しの良し悪しがポイントとなります。

信号の状況は、バイクが青信号で交差点に進入したのかを記載しましょう。

対向車の信号は、右折用の信号の有無などわかる範囲で記載しましょう。

また、対向車が右折専用レーンで一時停止(安全確認)をしてから右折したか、見通しが良かったか(バイクの前方にトラックなどが走行していなかったか)も図と文章で記載するようにしましょう。

これらの状況によって被害者と加害者の「過失割合」が異なり、加害者の確認不足などがある場合、被害者の「過失」が少なくなる可能性があります

このほか、バイクと自動車の速度や、どのように衝突してしまったか(左側に避けようとしたが、避けきれずに衝突)など、記入欄に事故発生時の状況をできるだけ詳細に書くようにしましょう。

Mr.リードからあなたへ

バイク事故では、ちょっとした状況の違いで「過失割合」が異なってきます。そのため「事故発生状況報告書」で交通事故が発生した状況を伝えることが、正しい「過失割合」が認められるためにとても大切です。

弁護士に依頼すれば「事故発生状況報告書」の正しい書き方や説明方法にも相談にのってくれますよ。

おすすめ弁護士診断から
弁護士に相談する

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ

このコラムが役に立ったら
いいね!してね

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断