交通事故コラム

過失割合はどう決めているの!?過失割合も必ずチェックしましょう!

「慰謝料」や「休業損害」などの金額と同じぐらい大事なのが過失割合です。交通事故被害者に過失が付いていると、賠償金が決定した後に過失相殺され、受け取る賠償金の金額が少なくなります。

そして、「なぜ、この過失割合なのだろう?」といった疑問をお持ちの方も多く見受けられます。みなさんが疑問に抱いている過失割合の決まり方についてお伝えします。

過失は事故の状況と過去の裁判例などから決まります

まずは、過失割合がどのように決められているかについて。交通事故が発生すると、警察が「事故証明」という、交通事故の状況を記した書面を作成します。

その書面に書かれた状況も含めた事故の状況を、過去の裁判例が掲載された専門書「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」に照らし合わせて、過失割合を決めています。

これをもとに過失割合を提示するのは、賠償金を支払う保険会社です。警察だと思っている方もいますが、実は違います。過失割合の決定には、警察は関わらず、交通事故の加害者側と被害者側で決められていきます

賠償金と同じように過失割合も交渉が大切

過去の裁判例をもとに過失割合を割り出しているとはいえ、あなたが被害に遭った交通事故と、まったく状況が一緒の裁判例はありません。また、保険会社から過失が提示された時に、加害者の言い分をもとに過失が決められている場合もあります。そのため、必要以上に高い過失割合が被害者についていることもあるので、注意してください。

実際にあった一例をご紹介します。駐車場内の交通事故の当事者となり、「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」をもとに過失割合を出したところ、80%の過失があるとされた方がいました。しかし、相手方には前方不注意や道路の逆走などをしていたため、この過失割合に納得できませんでした。そのため、弁護士に相談し、交渉してもらったところ、過失割合は80%から10%に変更されました。

このように、「保険会社から提示された過失割合に納得できない!」と思った時は安易にその過失割合を認めてはいけません。賠償金と同じように交渉をして、妥当な過失割合にすることが大切です。交通事故が発生した時の状況はどうだったのか、信号が青だったか、黄色だったかなどを確認することで、過失割合が変更となる可能性は十分にあります。

Mr.リードからあなたへ

自分が被害に遭った交通事故の妥当な過失割合を判断するのは、とても難しいものです。過失割合に納得できなかったら、弁護士のサポートを受け、適正な過失割合になるように、交渉していきましょう。

弁護士が交渉したことで、「過失割合が0%になった」、「過失割合が10%下がった」となるかもしれません。そして、過失割合が変わると、受け取る賠償金の金額が数十万円、時には100万円以上変わることもあります。納得できる過失割合にすることは、きちんと賠償金を勝ち取るためにとても重要なことです。