交通事故コラム

物損事故の被害!賠償金はどうなる?

交通事故の被害に遭ったけれどケガはなく、自動車や車内に乗せていた器物の破損のみがあった場合は「物損事故」となります。物損事故の被害に遭った場合、どのような対応を取ればいいのかご存知ですか?ここでは、物損事故における賠償金請求のポイントやNG行動をご説明していきます。

「物損事故」だからと警察に連絡をしないのはNG

物損事故の被害にあった際にまず注意して欲しいのが、警察への届け出です。

物損事故だから警察に連絡をしなくてもいいと考える方も多いようですが、それはNG。

賠償金をきちんと受け取るためには、「人身事故」と同じように警察と保険会社に連絡をするようにしましょう。

また、事故当時はケガや痛みがなかったとしても、時間が経ってからケガの症状が出てくるケースもあります。

このような場合で加害者にケガの賠償金を請求するためには、警察に連絡をして物損事故を「人身事故」に切り替えてもらう必要があります。

事故当時に警察に連絡をしていないと、この対応を行うことができず、加害者に賠償金を請求できない恐れがあります

後からケガの症状が出る可能性も含め、事故後すぐ警察に連絡をしたほうがいいでしょう。

物損事故の場合、「自賠責保険」は使用できない!

運転をする方は必ず知っておいていただきたいのが、物損事故の場合は「自賠責保険」を使用できないということ。

自賠責保険は「人身事故」の場合のみ適用される制度です。

そのため、加害者が「任意保険」に未加入だった場合は、加害者自身が賠償金を支払うことになります。

この際、加害者に資力がないため賠償金を支払うことができず、トラブルに発展するケースも時々あります。

トラブルを大きくしないため、このような場合は法律の専門家に相談をして解決するのがオススメです。

物損事故でも「弁護士費用特約」を使用できる!

弁護士費用特約」を使用できるのは人身事故の場合のみと考えていませんか?

特約の概要には「物損事故も使用できる」と直接的な説明はされていないことが多く、知らなかったという方も多いようですが、弁護士費用特約は物損事故でも使用できます

弁護士費用特約を使用すれば、物損事故の場合も費用を心配することなく弁護士など法律の専門家に相談をすることができます。

「物損事故だから弁護士に相談をするほどではない」と思うかもしれませんが、過失割合などの主張が食い違いトラブルになるケースは物損事故でもあり得ますし、修理費や買取差額費など請求項目は多岐に渡ります。

最小限の労力でスムーズに解決するためにも、物損事故であっても弁護士費用特約を使用するのがオススメです。

「弁護士に相談できない」を司法書士が解消!

物損事故の被害者に多いのが「弁護士に相談をしたいけれど、物損事故のみの場合は対応してくれない」というお悩み。

実際、交通事故被害に取り組んでいる弁護士の中には、「物損事故のみの場合は依頼を受けない」としている法律事務所も多いようです。

ミスターリードの「おすすめ弁護士診断」では、物損事故の被害者も気軽に相談できるように、物損事故に精通した司法書士のご提案も行っています。

司法書士も賠償金の示談交渉を行うことができますし、もちろん弁護士費用特約を使用して相談・依頼をすることもできます

物損事故の対応を安心して任せることができる司法書士をご提案していますので、どうぞお気軽におすすめ弁護士診断をご利用ください。

Mr.リードからあなたへ

物損事故の場合でも、妥当な賠償金を勝ち取ることはとても大切です。

事故にあって金銭的な損をしてしまうことがないよう、適切な対応をとり、賠償金を請求していきましょうね

また、物損事故を相談できる弁護士や司法書士を探すのにも労力が必要となります。

「おすすめ弁護士診断」をご利用いただければ、あなたの状況にあった適切な法律の専門家をご提案いたします。

物損事故もミスターリードにお任せください!

おすすめ弁護士診断から
弁護士に相談する

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ

このコラムが役に立ったら
いいね!してね

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断