交通事故コラム

事故は突然に。他人事じゃない交通事故ニュース

近年、交通事故に関するニュースが報じられることがとても多いです。人気芸能人が当事者となった交通事故や、安全運転を心がけていた家族が巻き込まれたなど、いたたまれない交通事故。
最近ニュースで話題となった事故を振り返り、運転する際に大切なことを改めて確認していきましょう。

頻繁に報じられる芸能人の交通事故

芸能人が交通事故の加害者や被害者となり、ニュースで報じられる機会がとても多いように感じます。

しかも軽微な接触事故ではなく、当て逃げ飲酒運転無免許運転など、大きな交通事故につながりかねない違反行為が報じられています。

1年間に2度の交通事故を起こしてしまったというニュースもありました。

このことから見ても、交通事故は決して他人事ではありません。

安全運転を心がけていても事故の当事者になってしまうこともありますし、事故を起こしてパニックになり、誤った行動をとってしまうことは、自分にも起こり得ます。

日頃、運転をされる方は、「交通事故は他人事」と思わないこと、交通事故に巻き込まれてしまったら、正しい行動をとることを、常に忘れないようにしましょう。

「あおり運転」によって起きた悲惨な交通事故

2017年6月に東名高速道路で起き、ご夫婦が亡くなられた悲惨な交通事故がニュースでも大きく報じられました。

この交通事故で話題となったのが、交通事故が発生した原因を作ったドライバーが行った「あおり運転」。

あおり運転はこの交通事故以外でも起こっており、大きな社会問題にもなっています。

いくら自分が安全に運転をしていても、第三者による危険運転までは予測することはできません。

あおり運転に巻き込まれた際に、猛スピードで逃げようとすると、ご自身が事故を起こしてしまう危険がありますし、わざと急ブレーキをかけたりすると、あおり運転の加害者と交通事故になってしまったり、相手の感情を逆撫でたりすることにつながりかねませんので注意しましょう。

万が一、あおり運転をされてしまった際は、車は安全な場所に停車して、すぐ警察に連絡をし、相手の挑発に乗らず、車内で警察の到着を待つようにしましょう。

Mr.リードからあなたへ

交通事故を起こさないように、被害に巻き込まれないように常に安全運転をすることはとても大切です。

それでも、交通事故の当事者になってしまう可能性はあります。

もし、自分が交通事故の被害者になってしまった際は、ご自身だけでどうにかしようとせず、弁護士など交通事故に精通した専門家に相談をして、サポートを受けてくださいね。