交通事故コラム

交通事故でパニック!相手に言っていい言葉、よくない言葉

「交通事故後にすぐ謝るのはよくない」というのを聞いたことはありませんか?このほかにも、交通事故直後は、相手方に対して言うべきではない言葉や対応があります。
ここでは、交通事故直後の初期対応として、相手方に「言うべき言葉」と「言わないほうがいい言葉」をご紹介していきたいと思います。

交通事故直後に言ってはいけない言葉

まずは、交通事故直後に相手方に対して言ってはいけない言葉から確認をしていきましょう。

必要以上に謝らない

交通事故直後は、必要以上に謝罪をすることはやめましょう

過剰に謝ってしまうと、自分が加害者で相手方が被害者という関係で話が進んでしまうかもしれません。

自分が加害者の場合でも、「100%自分が悪い」と認めるような発言はしないほうがいいです。

また、相手方が怒鳴るなど怒ってきたため、自分が被害者であるのに謝ってしまったという方もいらっしゃるようです。

これは、女性ドライバーが交通事故の当事者になった際に見受けられるので気を付けましょう。

そのほか、相手方が実は当たり屋だったという可能性もあり得ます。

その場合に謝ってしまうと、相手が責任を追求してきて、交通事故現場で示談の話や金銭を要求してくる可能性もありますので、ご注意ください。

曖昧なことを認める発言をしない

走行していた際の速度信号の状況など、交通事故が発生した状況で合っているかわからないことは安易に認める発言をしないようにしましょう。

交通事故直後に相手方と話している時も、事故現場で警察と話をしている時も同様です。

後から「本当は違っていたかもしれない」と思っても、一度認めてしまったことは覆せない場合があります

警察に連絡しないといった発言をしない

お互いにケガがなく、自動車も破損していなかったとしても「警察に連絡するのはやめましょう」といった話をしないようしましょう。

相手方から「警察に連絡しないでほしい」と言われても応じてはいけません。

軽微な交通事故と思えた場合や、どんなに急ぎの用事があった場合でも、警察には連絡するべきです。

警察に連絡をしないと「交通事故証明書」が発行されません。

すると、後から痛みが出て病院で治療を受けても、交通事故によるケガと証明できず治療費などの賠償金を受け取ることができない恐れがあります。

示談に関する話をしない

交通事故の直後に示談の話をしたり、お金に関する話をしたりするのはやめましょう。

交通事故現場で示談をして書面にサインなどをしてしまうと、その内容が有効なものとなってしまいます。

後からケガの痛みが出ることもありますし、後遺症が残ってしまうこともあります。

その場合に、適切な賠償金を受け取ることができなくなってしまう可能性がありますので、示談をしないようにしましょう。

交通事故直後に言って大丈夫な言葉、取るべき対応

交通事故直後に必要以上に謝ることはいけませんが、相手の状態を気遣うこと誠意ある言葉掛けを行うことは大切です。

どこまでなら言っても大丈夫か、また、どのような対応取るべきかご説明いたします。

相手のケガを気にかける言葉

「ケガはありませんか。大丈夫ですか?」といった相手方を気にかける言葉は言っても問題ありません。

もし、相手方を見てケガをしていることがわかるような場合、「ケガをさせてしまい申し訳ありません」といった、ケガをさせてしまったことに対して、一言謝罪をする程度であれば大丈夫です。

ただし、交通事故自体を謝罪するようなことまでは言わないように気を付けましょう。

ケガ人の救護活動を行う

交通事故によりケガをしてしまった人がいる場合、ケガ人の救護を必ず行うようにしましょう。

安全な場所に移動することや、できる応急処置があれば、行うことが大切です。

また、軽いケガだと思えても、救急車を呼ぶようにしましょう。

警察に連絡をする

交通事故の程度にかかわらず、警察に必ず連絡をするようにしましょう。

先ほどもご説明したように、警察に連絡をしないと「交通事故証明書」が発行されませんし、後から痛みが出ることもあります。

相手方の状況などが確認できたら、警察に連絡するように話を進めていきましょう。

Mr.リードからあなたへ

交通事故の直後はお互いパニックになってしまいがちです。

パニック状態で間違った言動や行動をしないために、まずは冷静になることが大事ですよ。

事故現場で揉めたり、トラブルになったりしそうな場合は、当事者だけで解決をしようとせずに警察の到着を待ちましょう

交通事故を適切に解決するためにも、事故直後の対応には十分気を付けてください。

おすすめ弁護士診断から
弁護士に相談する