交通事故コラム

被害者の経済的な負担はゼロ!「弁護士費用特約」のヒミツ

交通事故被害を弁護士に相談する5つのメリット」のコラムや「交通事故への備え。あなたにとって加入した方が良い保険をチェック!」の回でも触れた「弁護士費用特約」。交通事故の被害者が弁護士に依頼した時の費用を立て替えてくれるこの便利な特約に、今回はスポットを当てたいと思います。

便利な特約だけど、利用者はごくわずか

まずは「弁護士費用特約」の概要をご説明します。「弁護士費用特約」ができたのは平成12年のこと。自動車保険や火災保険などの付帯サービスとして用意されるようになりました。平成22年の段階で、約3割の世帯が弁護士特約に加入しているとされています。

しかし、その一方で、利用者はまだまだ少なく、加入者のうち、弁護士特約を利用したのは、わずか0.05%とされています。便利な特約ですが、まだまだ一般的に利用されていないようです。

弁護士特約があれば、費用の負担が0円のケースがほとんど

次に「弁護士費用特約」が交通事故被害でなぜ便利なのかご説明します。

被害者の過失が0%の場合や、歩行中などに事故被害に遭った場合、被害者が加入している保険会社は加害者側の保険会社と示談交渉をしてくれません。その交渉を弁護士に行ってもらうために、保険会社は「弁護士費用特約」を設けて、被害者の負担をまかなっているのです。

しかも負担してもらえる弁護士費用の上限は300万円程度(詳細は保険会社によってに異なります)。多くの場合は、「弁護士費用特約」の負担金額の中で弁護士費用は足ります。賠償金額から弁護士費用が差し引かれることもなくなり、より多くの賠償金を受け取ることができます。

また、交渉だけでなく裁判になった時も使えますし、書類作成を依頼した場合の費用も「弁護士費用特約」で充当できます。さまざまなことに利用できるのも便利な点と言えます。
→【慰謝料シミュレーター】から無料相談できる弁護士を探す

弁護士費用特約で支払われる費用と上限金額

弁護士費用特約で支払われる費用 上限金額
示談交渉、裁判、仲裁・和解・調停の費用など 300万円
法律相談・書類作成費用 10万円

加入者以外でも利用可能。さらに火災保険でも!

「弁護士費用特約」は、加入者以外でも利用できるのも便利なポイントです。同居中の家族であれば、6親等以内の血族、3親等以内の姻族が利用でき、両親が加入していれば、離れて暮らしていても利用可能です。1人が加入していることで、家族が交通事故に遭った時の備えにもなります。

さらには、自動車保険だけでなく、火災保険で「弁護士費用特約」に加入していてもOKです。乗用車を持っていない人は、火災保険で加入しておくのもおすすめです。

「弁護士費用特約」は自分で選んだ弁護士に使えます!

「弁護士費用特約」を利用するからといって、保険会社が選んだ弁護士に依頼することになるわけではありません。自分で弁護士を選ぶことが可能です。事前に、保険会社に連絡をする必要があるので、保険会社への連絡は忘れないようにしましょう。
→【慰謝料シミュレーター】から自分に最適な弁護士を探す

最後にここまで便利だと、「弁護士費用特約」を利用すると保険の契約に影響があるのではと心配する人もいるでしょう。しかし、「弁護士費用特約」を利用することでデメリットはありません。保険の等級なども下がりませんので安心してください。

Mr.リードからあなたへ

「弁護士費用特約」は交通事故の被害者にとってメリットしかないから便利と言われています。自分に付いてない場合は、家族が特約に加入しているかチェックしてください。ここで自分に合った弁護士を選び、「弁護士費用特約」を利用して相談すれば、より安心できるのではないでしょうか。

弁護士費用特約を利用して弁護士に相談する