自動車保険を使って等級が下がるケース、下がらないケース

交通事故コラム

自動車保険の等級が下がるケース。交通事故で保険を使ったら

「交通事故にあって自動車保険を使ったら等級下がっちゃうの?」。交通事故被害者からこのようなご質問をいただくことがあります。自動車保険の仕組みについて詳しくご存知ない方も多いと思います。自動車保険を使ったら必ず等級が下がったり保険料が上がったらりするわけではありません。
具体的な保険や特約の種類ごとに等級が下がるケース、下がらないケースをご説明します。

  • 公開日:
  • 更新日:
  1. 知っておきたい「ノンフリート等級制度」の仕組み
  2. どのような場合に等級は下がる?
  3. 使用しても等級が下がらない保険や特約

いますぐ弁護士に
聞きたい人はこちら

診断スタート

知っておきたい「ノンフリート等級制度」の仕組み

自動車保険料が上がるかどうかのお話をする前に、まず知っておきたいのが自動車保険の仕組みです。

みなさんが加入している自動車保険の料金は「ノンフリート等級制度」というものにもとづいて決められています。

「ノンフリート等級制度」は、交通事故の有無にもとづいて翌年の自動車保険料を決めていく制度です

1等級から20等級まで20段階に分けられており、等級が上がるほど保険料は割引となり、等級が下がると割増となります。

自動車保険に加入した時は6等級からスタートし、1年間、自動車保険の補償を受けなければ1等級ずつ上がっていきます。

しかし、自動車保険の補償を受けた場合、その内容によって最大3等級下がります。

交通事故の有無で決まる自動車保険の仕組み

では、どのような場合に自動車保険の等級が下がり、どのような場合は影響がないのでしょうか?

交通事故の状況や使用する保険、等級の種類ごとに見てきましょう。

どのような場合に等級は下がる?

まず、「もらい事故」で交通事故被害者となり、自分が加入している保険を一切使用しなかった場合は、等級が下がることはありません。

一方で、下記のようなケースでそれぞれ保険を使用した場合は、内容によって1等級から3等級下がってしまいます。

自動車保険の等級が下がるケース

3等級下がる
ケース
  • 相手をケガさせてしまい「対人賠償保険」を使用した
  • 相手の物品を壊してしまい「対物賠償保険」を使用した
  • ガードレール等を壊してしまい「車両保険」を使用した
1等級下がる
ケース
  • 台風などの自然災害で車が破損してしまい「車両保険」を使用した
  • いたずら等で車が破損してしまい「車両保険」を使用した

交通事故被害で考えられるとしたら、「対人賠償保険」を利用するケースぐらいでしょうか。

ただし、加害者側に支払う保険金が自賠責保険で定められた金額の範囲内の場合は、加入している自動車保険を使用せずに済みますので、等級は下がりません。

使用しても等級が下がらない保険や特約

これから紹介するようなケースでは、保険や特約を使用しても等級に影響はなく、他に保険を使用していなければ等級は下がりません。

自動車保険の等級に影響がないケース

搭乗者傷害保険
「搭乗者傷害保険」で交通事故被害者や同乗していた搭乗者の治療費などの補償を受けた場合
人身傷害補償保険
加害者が保険に加入しておらず、「人身傷害補償保険」で治療費などの補償を受けた場合
代車費用特約
交通事故で車が損壊し、代車の費用を「代車費用特約」で支払った場合
弁護士費用特約
「弁護士費用特約」を利用して弁護士に依頼し、加害者との示談交渉などを行った場合

「搭乗者傷害保険」や「人身傷害補償保険」は加害者の保険会社からきちんと補償を受けることができるケースでは使用しないことも多いですが、「代車費用特約」や「弁護士費用特約」は使用することで経済的なメリットにもなります。

特に「弁護士費用特約」は交通事故被害者が気軽に弁護士へ相談することができるように設けられている制度ですので、加入している場合は使用するのがおすすめです

Mr.リードからあなたへ

交通事故被害の場合、保険の補償を受けることで、保険の等級が必ず下がるとは限りません。
しかし、万が一補償を受けることになった場合に備え、「ノンフリート等級制度」の仕組みを覚えておいて損はありません。

「弁護士費用特約」に加入されている方は、弁護士費用の支払いの心配もありませんので、ぜひ一度、特約を使用して弁護士に相談してみてくださいね。

交通事故診断を行い、
相談する弁護士を探す

かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「LINEでわかる慰謝料 5つのキホン」配信中!

もっとみる