交通事故コラム

交通事故への備え。あなたにとって加入した方が良い保険をチェック!

交通事故でとても重要なのが保険。交通事故の被害者と加害者、どちらの立場になった場合も重要なもの。保険の種類や付帯サービスはたくさんありますので、どのような保険に加入できるのか改めてチェックしていきましょう。

任意保険には、さまざまな種類あります

まずは任意保険のおさらいからスタートです。
人身事故の時の保険としてあるのが、「対人賠償責任保険」。交通事故の加害者が被害者に対して支払う「損害賠償責任」を補償するのがこの保険です。交通事故の被害に遭った時に、加害者の保険会社から賠償金が提示されますが、それは、「対人賠償責任保険」によるものです。

「対人賠償責任保険」に加害者が未加入の場合に役立つ保険として「無保険者傷害保険」もあります。この保険により、加害者が任意保険に介入していなかったため、十分な賠償金を受け取れないという事態を避けることができます。

被害者がいない交通事故を起こした場合には、「対物賠償責任保険」や「自損事故保険」があります。例えば、店舗の駐車場で事故を起こし、器物を破損し、自分はケガをした場合等に利用できます。「自損事故保険」は、被害者に過失がない交通事故で加害者がケガをした場合にも利用できます。

その他、同乗者がケガをしてしまった場合の保険として「同乗者傷害保険」や「人身傷害補償保険」、自損事故による自動車の損害の補償する「車両保険」などもあります。

任意保険の主な種類

交通事故を起こした場合の保険 対人賠償責任保険
対物賠償責任保険
自損事故保険
被害者になった場合の保険 無保険者傷害保険
同乗者のための保険 同乗者傷害保険
人身傷害補償保険
自動車の損害のための保険 車両保険

自転車事故を起こしてしまった場合の保険

次にご説明するのは、自転車で交通事故を起こしてしまった場合の保険です。被害に遭った場合は加害者の保険から賠償金が支払われますが、自転車事故を起こしてしまった場合は、自転車に乗っていた人に「損害賠償責任」が問われます

しかし、自転車には自賠責保険のような保険はありません。そこで用意されているのが「自転車保険」や「個人賠償責任保険」です。「自転車保険」は、自動車の任意保険の自転車版と言える保険です。被害者への賠償金の支払いや、加害者のケガに対する補償が支払われます。

一方で、「個人賠償責任保険」は、予期せず第三者にケガを負わせた場合や器物を破損した場合の保険です。保険が利用できるケースの中に、自転車事故の時の被害者への賠償金の支払いが含まれています。

自転車事故だからと油断はできません。過去の裁判では被害者が亡くなり、加害者に数千万円の賠償金の支払いが命じられた判例もあります。もしもの時の備えとして、覚えておいてください。

保険には特約が豊富。中でも注目は「弁護士費用特約」!

また、任意保険には、豊富な付帯サービスが特約として用意されています。ここまでにご紹介した保険の内容を含む特約や、家族で同じ自動車や原動機付自転車に乗っている方に便利な特約などもあります。その豊富な種類の中でも、交通事故の被害に遭った際の備えとして便利なのが「弁護士費用特約」です。

 

「弁護士費用特約」は、弁護士に依頼した時に弁護士費用を保険会社が支払ってくれる特約です。「弁護士費用特約」に加入していれば、「弁護士に依頼すると費用がかかるから」などの心配はなくなり、安心して弁護士に依頼することができます。費用の持ち出しがなく、納得のいく賠償金を勝ち取ることができます。「加入しているか今すぐ確認!「弁護士費用特約」のヒミツ」で詳しくご説明していますのでご覧ください。

Mr.リードからあなたへ

どの保険に加入すればよいかは、家族構成や、自分、家族の自動車の利用状況によって異なります。保険の詳細は「各保険(自賠責保険・任意保険・労災保険・健康保険)について」のページもご覧ください。

各保険(自賠責保険・任意保険・労災保険・健康保険)について

また、まだ「弁護士費用特約」に加入されていない方は、他の特約と合わせて一度見直してみてはいかがでしょうか。