交通事故コラム

<ピックアップ>交通事故被害者によく読まれているコラムBEST7

Mr.リードでは、被害者のみなさんの疑問や不安を解決するためのコラムを毎週更新しています。
今回は、Mr.リードのコラムの中でも、交通事故被害者の方からの反響が大きいコラムをピックアップしました。

タクシー、バスでの交通事故被害

タクシーやバスに乗車中の交通事故。治療費や慰謝料はどうなる?

  • 乗客として交通事故に巻き込まれた際も、賠償金の請求は可能!
  • 単独事故を起こした場合や、タクシーやバスにだけ過失がある場合
  • タクシーやバスに過失がない交通事故の場合
  • 交通事故の当事者両方に過失がある場合

タクシーやバスに乗車中に交通事故被害に遭った場合は、事故の詳細によって賠償金の請求相手が変わってきます

手続きが複雑になる場合があるため、まずはこのコラムでどのケースに当てはまるかチェックしましょう。

保険会社はベストな対応をしてくれる?

なぜ保険会社に任せきりはNGなの?

  • 保険会社の説明を鵜呑みにすると損をしてしまうかも
  • 任せきりにしたことで、思わぬ事態となるかもしれません

保険会社は「被害者にとってベストは対応をしてくれる」と思っている方が多くいますが、実際はそうとも言えません。

むしろ、被害者の方に最も多いお悩みは「保険会社の対応に不満」というものです。

なぜそのようなことが起こるのか、トラブルを解決するためにはどうすればいいのか、このコラムで解説しています。

就職活動と交通事故の補償

就職(転職)に影響が!?交通事故で内定が取り消された場合の代償は?

  • 就職の遅れ、内定取消は、「休業損害」を請求!
  • 就業前の「休業損害」が認められた裁判例
  • 失業中でも、「休業損害」が認められる可能性はあります

交通事故の影響で、求職活動が思うようにできなくなることもあります。その分も、加害者に補償してもらえるのか、気になっている方が多いようです。

補償を受けられるのか、そのためにはどうしたらいいのか、このコラムで解説しています。

過失割合「自転車×自動車」の場合

どちらが悪い?自転車と自動車が出会い頭に衝突!過失割合はどうなる?

  • 「過失割合」の分だけ賠償金が差し引かれます
  • 自転車と自動車の交通事故での「過失割合」はどうなる?
  • 交通ルールに違反していた場合、自転車が加害者になることも

交通事故では、被害者にも過失がついてしまうケースがあります。ただ、その割合が妥当なものなのか気になりますよね。

このコラムでは、最近増加している「自転車×自動車」の事故を例にあげて、具体的な過失割合について解説しています。

愛車の補償が気になる

クラシックカーが交通事故でボロボロに。補償はどうなるの?

  • 破損箇所の修理や廃車になった場合に請求できる費用は?
  • クラシックカーの場合でもきちんと補償される?
  • クラシックカーの価値に合った「損害賠償」を受け取るには?

クルマ好きの人にとって、愛車が交通事故でボロボロになってしまった場合の精神的なダメージは相当なものでしょう。ただ、交通事故ではその気持のすべてが補償されるわけでありません。

このコラムでは、自動車の損害に対する具体的な賠償金について解説しています。

被害者家族はどうすればいいの?

交通事故で家族が入院した時にとるべき6つの行動

  • 交通事故直後の対応。ご家族の代わりにやるべきこと
  • 入院中の家族の看護。看護費用も請求できます
  • 保険会社の対応。治療が長引くなら弁護士探しも

交通事故の被害に遭うと、家族の生活も一変します。被害者に代わってやらなければならないこともあります。

どんなことが必要なのか、何がベストな対応なのか、このコラムで分かりやすく説明しています。

慰謝料の相場を知りたい

1分で分かる!交通事故の慰謝料の「相場」と「増額する仕組み」

  • 提示された金額はどの基準?金額が決まる3つの基準を知ろう!
  • 知っている人と知らない人では、慰謝料などに大きな金額差が
  • 正しい賠償金を勝ち取るためになにをしたらいい?

交通事故の慰謝料はいくらが妥当なのか、増額させるためにはどうしたらいいのか、について基礎知識から実例まで丁寧に解説

交通事故の賠償金額がどうやって決められているのか気になる方は、このコラムをチェックしましょう。

Mr.リードからあなたへ

交通事故のトラブルは、わからないことだらけ。妥当な賠償金を受け取るには、事故の状況や、被害者の職業・年収などさまざまな要素を掛け合わせる必要があります。
あなたの交通事故でベストな対応を知るためには、弁護士に相談するのが近道と言えます。

Mr.リードの「交通事故おすすめ弁護士診断」では、あなたの被害状況・条件に合った弁護士を提案します。

おすすめ弁護士診断から
弁護士に相談する