交通事故コラム

【図解】でわかる!事故発生状況報告書の書き方

交通事故の被害者が加害者の保険会社に賠償金を請求する際には、さまざまな書類が必要となり、その一つに「事故発生状況報告書(交通事故発生状況報告書)」があります。
ここでは、「事故発生状況報告書」を正しい書き方と、書き方のポイントをご説明いたします。

「事故発生状況報告書」とは?

「事故発生状況報告書」は、交通事故が発生した当時の状況を詳しく説明するための書類です。

交通事故が発生すると、警察が「事故証明書(交通事故証明書)」という書類を作成しますが、「事故証明書」には、交通事故の状況は詳細に記載されていないため、それを補う資料として「事故発生状況報告書」を作成します。

事故発生状況報告書はいつ使うの?

交通事故の被害者が加害者の保険会社に賠償金を請求する際に必要となります。

事故発生状況報告書は誰が作成するの?

交通事故の被害者が作成します。

「事故発生状況報告書」の書き方

事故発生状況報告書サンプル

こちらが、「事故発生状況報告書」です。真ん中のマス目の箇所に、交通事故の発生した状況を図で記載します。

事故発生状況報告書の書き方や書く際のポイントについて順にご説明していきます。

加害者、被害者、事故現場の状況などの書き方

まずは、事故発生状況報告書のうち、マス目の部分以外の書き方をご説明します。

氏名の欄は、甲、乙とありますが、甲に加害者、乙に被害者(負傷または死亡された方)の氏名を記入します。

事故発生状況報告書には交通事故が発生した当時のお互いの運転速度や道幅、信号の有無、見通しの良し悪しも記載します。

加害者の運転速度は正確には把握できないと思いますので、こちらはおおよそで記載しても問題ありません。

信号の有無、見通しの良し悪しについては、わからない部分がある場合は、事故現場で確認をするなどしましょう。

事故発生状況の図の書き方

マス目の中には、加害者と被害者、進行方向、衝突した場所、信号や標識、周りの建物などを印のように表して記入していきます。

それぞれの印の書き方は事故発生状況報告書に書いてあります。
被害者がの場合、歩行者の場合で記載する印が異なりますので、間違えないように注意しましょう。

信号や標識、道幅などは「過失割合」に影響しますので、記入漏れがないようにしましょう。

マス目の下の部分には、図を説明する記入欄があります。交通事故に遭った日時や場所は、「事故証明書」に記載されていますので、その情報を記入すれば大丈夫です。

交通事故現場の住所も詳細に記入するようにしましょう。

また、加害者がどのような運転で交通事故の現場に進入して来たか、自分はどのような状況で進入したかを説明します。

加害者が一時停止の標識を守らなかった、ブレーキをかけなかったなどの事実があれば、この欄に忘れずに記入するようにしましょう。

記入方法の例を作成したので、参考にしてください。

運転中の被害者が交差点で停車中に後ろから衝突された場合

見通しの良い片側2車線の交差点。乙車は赤信号のため停車していたところ、後方より直進してきた甲車がブレーキをかけるのが遅れ、衝突した。

運転中の被害者が交差点で停車中に後ろから衝突された場合の事故発生状況報告書サンプル

歩行中の被害者が十字路で一時停止無視の車に衝突をされた場合

信号がなく、相手方に一時停止のある十字路。乙が十字路を歩いて直進していたところ、左側から直進してきた甲車が一時停止をせずに交差点に直進していたため、出会い頭に衝突した。

歩行中の被害者が十字路で一時停止無視の車に衝突をされた場合の事故発生状況報告書サンプル

Mr.リードからあなたへ

「事故発生状況報告書」は、その後の賠償金の請求をスムーズに行うために正確に記入する必要があります。
特に、信号や標識、道幅といった事故現場の状況や加害者と被害者が交通ルールに則って運転していたかどうかを、詳細に記入することで保険会社が提示する「過失割合」が変わってくる場合もあります

大切な書類ですので、「書き方がわからない」「この書き方で大丈夫かな?」といった疑問点があったら、弁護士に相談して一度見てもらうのがいいかもしれませんね。

おすすめ弁護士診断から
弁護士に相談する