交通事故コラム

交通事故の過失割合に納得がいかない!弁護士に依頼するとどうなる?

交通事故被害で受け取る賠償金額を大きく左右するのが「過失割合」。この「過失割合」について「基準がよくわからない」「提示された過失割合に納得がいかない」といった声が多く聞かれます。
そこで今回は、「過失割合」で納得がいかない時に、弁護士に相談するとどのようなサポート受けられるのかについてご説明いたします。

そもそも「過失割合」とは?

まずは、「過失割合」のご説明と、なぜ、過失割合が受け取る賠償金額を大きく左右するのかご説明します。

交通事故の賠償金が支払われる際は、事故の状況に合わせて加害者と被害者で落ち度(過失)の割合を決めることになっています。これが「過失割合」です。

被害者に一切の落ち度がない場合、過失は「加害者100:被害者0」となりますが、「加害者90:被害者10」、「加害者70:被害者30」といったように、被害者に一定の過失が付く交通事故もあります。

被害者が車やバイク走行中の場合だけでなく、被害者が歩行者や自転車に乗っていた場合でも過失が付くことも多いです。過失が付くケースと、過失が付きにくいケースは下記をご参考ください。

過失が付かない交通事故、過失が付く交通事故の一例

車、バイク 歩行者、自転車
過失が付かないケース 赤信号で停車中に後ろから衝突された 青信号の横断歩道を横断中に衝突された
過失が付くケース 信号のない交差点で出合い頭に衝突した 信号のない場所で道路を横断した際に衝突された

※あくまで一例です。交通事故発生時の加害者と被害者の状況によっては過失が付く可能性があります。

過失があると「過失相殺」で賠償金が減ってしまう

交通事故被害者に過失がある場合、示談交渉などで賠償金額が決定した後に、受け取る賠償金が過失の分だけ減額されてしまいます。これを「過失相殺」と言います

過失割合が「加害者90:被害者10」だった場合には、賠償金額の10%が過失相殺されるという仕組みです。

過失相殺がどの程度影響するのか、具体例を挙げて見ていきましょう。

例1)
賠償金額500万円、
過失割合が「加害者90:被害者10」の場合

500万円ー(500万円×10%)=450万円
受け取り金額が50万円減額!

例2)
賠償金額800万円、
過失割合が「加害者70:被害者30」の場合

800万円ー(800万円×30%)=560万円
受け取り金額が240万円減額!

このように、被害者の過失が大きければ大きいほど、受け取る賠償金の金額が減ってしまいます

そのため交通事故被害の賠償金では、妥当な賠償金を勝ち取るのと同じくらい、妥当な過失割合が認められることが大切なのです。

過失相殺に納得できない時はどうすればいい?

多くの交通事故被害者が過失割合に疑問を抱くのが、保険会社から初めて賠償金額を提示された時。

自分に付いた過失を見て「基準がわからない」「付いた過失に納得がいかない」と疑問を抱くものの「どうすれば過失割合を変更できるかわからない」と思われる方が多いようです。

過失割合の交渉は、交通事故の裁判例などの知識、専門書や書類の記載内容の確認など、専門的な知識経験を必要としますので、弁護士に相談するのがオススメです。

弁護士は、下記のような対応で、被害者の過失を下げるサポートをしてくれます。

妥当な過失割合を目指し、保険会社と示談交渉を行う

過失割合は保険会社が決めるものではなく、加害者と被害者が合意し、初めて決定するものです。

そのため、保険会社から提示された過失割合に納得がいかない場合は、示談交渉で変更を求めることができます。

交通事故の経験や知識が豊富な弁護士は、一人一人の交通事故の詳細から適切な過失割合を判断した上で、変更を求めることができます。

過去の裁判例をもとに、妥当な過失か判断

過失割合は、「民事交通事故における過失相殺率の認定基準」(別冊判例タイムズ38号)や損害賠償額算定基準(赤い本)という交通事故の専門書籍を参照に決定されることが多いです。

これらの専門書には、過去の裁判例や交通事故の状況別の過失割合の例が記載されています。

弁護士は、これらの専門書を確認し、保険会社から提示された過失が妥当であるか判断をし、誤った過失割合が提示されていれば、保険会社に変更を求めていくことができます。

「実況見分調書」を取り寄せ、交通事故の詳細を把握

弁護士は「弁護士会照会」という制度を利用し、警察から実況見分調書などの記録を取り寄せることができます。

「実況見分調書」は、警察が調査した交通事故の詳細が記載されている書類です。

例えば、実況見分調書に「加害者は黄信号で交差点に進入していた」など、加害者の落ち度が記載されていれば、実況見分調書を証拠に、過失割合が妥当ではないと主張していくことができます。

Mr.リードからあなたへ

せっかく妥当な賠償金を勝ち取ることができたのに、過失割合が妥当ではなく、必要以上に過失相殺されると結果として損をしてしまいます

交通事故被害で損をしないために、ぜひ少しでも低い過失割合を目指しましょう!過失割合に詳しい弁護士が、あなたの「納得がいかない」という思いを解消してくれるはずですよ。

おすすめ弁護士診断から
弁護士に相談する