交通事故コラム

その交通事故、追突事故やもらい事故では?弁護士特約で負担をゼロに!

自分が安全運転を徹底していても、加害者の不注意で追突されてしまうなど、交通事故の被害に遭う可能性はあります。
そのような「もらい事故」に遭ってしまった被害者が、費用の心配をすることなく弁護士に相談できるのが「弁護士費用特約」です。「弁護士費用特約」のメリットを知り、交通事故後の対応や賠償金の請求をスムーズに行いましょう。

もらい事故の被害者のために「弁護士費用特約」が誕生

「もらい事故」とは、被害者に一切の過失がない状況で巻き込まれた交通事故のことです。赤信号で停車中に後続車両に追突される「追突事故」をはじめ、もらい事故となるケースは多くあります。

実は、もらい事故の場合には、被害者が加入している保険会社は示談交渉などの対応をしてくれません

そのため、もらい事故の被害者は、加害者側の保険会社とのやり取りを自分で行うか、弁護士に依頼して代理で行ってもらうことになります。自分で交渉を行う場合は、想像以上に大変なものです。

  • 交渉に応じてもらえない、交渉が進まない
  • 保険会社からの賠償金額が低額で納得できない
  • 賠償金を増額するための交渉方法がわからない

といった状況になってしまう恐れがあります。

かと言って、弁護士に依頼する場合は、少なからず弁護士費用がかかります。

「弁護士費用特約」は、このようなもらい事故による交通事故被害者の負担を軽減し、適切な賠償金を得ることができるようにするために誕生したサービスです。

この特約があれば、弁護士費用をご自身で負担することなく、保険で補償されます。そのため、費用を気にすることなく弁護士に交渉を依頼することができます。

過失がある場合でも弁護士費用特約は利用できますが、もらい事故の場合は、特に弁護士費用特約の利用がオススメです。

「弁護士費用特約」なら、負担0円のケースがほとんど

交通事故の詳細や賠償金額に関わらず、弁護士費用特約には多くのメリットがあります。

まず、もらい事故で自分の保険会社に対応してもらえなくても、交通事故被害の知識や経験が豊富な弁護士が対応してくれます。
さらに、示談交渉はもちろん、弁護士への相談書類の作成裁判といった費用すべてに弁護士費用特約が使用でき、金銭面でのメリットもあります。

弁護士費用特約は、上限を300万円としている保険会社が多いですが、弁護士費用が300万円を超えるようなケースはとても少なく、もらい事故の被害者のほとんどの場合が、負担0円で解決することができます。

また、弁護士に示談交渉を任せれば、「裁判基準」で交渉をしてもらえるので、適切な金額の賠償金を勝ち取ることにも繋がりやすくなります。

「弁護士費用特約」を使っても等級は下がりません!

弁護士費用特約を使用することで、「加入している自動車保険の等級に影響が出るのでは?」とデメリットを心配される方もいますが、弁護士費用特約を使っただけでは翌年の等級が下がったり、保険料が高くなったりすることはありませんので、安心してご使用ください。

なお、「車両保険」なども一緒に使用すると、等級への影響がゼロではないケースもありますので、保険や特約を使用する際は、念のため加入している保険会社に確認をするようにしましょう。

Mr.リードからあなたへ

弁護士費用特約については「被害者の経済的な負担はゼロ!「弁護士費用特約」のヒミツ」でも詳しくご説明していますので、こちらもぜひご覧ください。

ケガの治療だけでもとても大変なもの。少しでも負担を減らし、妥当な賠償金をスムーズに勝ち取るためにも、遠慮せずに弁護士費用特約を利用して弁護士に相談してくださいね。

おすすめ弁護士診断から
弁護士に相談する