交通事故コラム

追突事故やもらい事故で過失が10対0のときこそ、弁護士費用特約の使いどき!

自分が安全運転を徹底していても、加害者の不注意で追突されてしまうなど、交通事故の被害に遭う可能性はあります。
このような過失割合が10対0の「もらい事故」に遭ってしまった被害者が、費用の心配をすることなく弁護士に相談できるのが「弁護士費用特約」です。被害者に過失がない事故のときこそ弁護士費用特約の使用がおすすめです。追突事故やもらい事故で弁護士費用特約を使うメリットをご説明します。

  • 公開日:
  • 更新日:

過失割合が10対0の事故の示談交渉は自分でするもの?

もらい事故」とは、過失割合が10対0で、被害者に責任が一切ない状況で巻き込まれた交通事故のことです。

赤信号で停車中に後続車両に追突される「追突事故」をはじめ、さまざまなケースでもらい事故が発生しています。

加害者と被害者の双方に過失がある場合では、被害者は自分が加入する保険会社に示談交渉を任せることもできますが、実は、もらい事故の場合には、被害者が加入している保険会社は示談交渉などの対応をしてくれません

そのため、もらい事故の被害者は、加害者側の保険会社とのやり取りや示談交渉を自分で行うか、弁護士に依頼して代理で行ってもらうことになります。

しかし、自分で示談交渉をすると「交渉が思うように進まない」、「賠償金の増額方法がわからない」、「手間もストレスも格段に増える」といった状況に陥りがちです。

弁護士に依頼する場合も、少なからず弁護士費用がかかってしまいます。

これでは、事故の責任が一切なかったはずなのに、過失がある場合よりも負担が増えることになりかねません。

もらい事故のときこそ「弁護士費用特約」を使いましょう!

自動車保険の付帯サービスである「弁護士費用特約」は、このようなもらい事故による交通事故被害者の負担を軽減し、適切な賠償金を得ることができるようにするために誕生したサービスです。

「弁護士費用特約」に加入していれば、費用をご自身で負担することなく弁護士に相談や依頼をすることができ、費用の負担も示談交渉の手間もなくなります。

過失がある場合でも弁護士費用特約を利用できますが、もらい事故の場合は、特に弁護士費用特約の利用がオススメです。

自動車を運転していたケースだけでなく、歩いているとき自転車に乗っているときの事故でも弁護士費用特約を使用できる可能性があります。

「弁護士費用特約」なら、負担0円のケースがほとんど

交通事故の詳細や賠償金額に関わらず、弁護士費用特約には多くのメリットがあります。

まず、もらい事故で自分の保険会社に対応してもらえなくても、交通事故被害の知識や経験が豊富な弁護士が対応してくれます。
さらに、示談交渉はもちろん、弁護士への相談書類の作成裁判といった費用すべてに弁護士費用特約が使用でき、金銭面でのメリットもあります。

弁護士費用特約は、上限を300万円としている保険会社が多いですが、弁護士費用が300万円を超えるようなケースはとても少なく、もらい事故の被害者のほとんどの場合が、負担0円で解決することができます。

また、弁護士に示談交渉を任せれば、「裁判基準」で交渉をしてもらえるので、適切な金額の賠償金を勝ち取ることにも繋がりやすくなります。

「弁護士費用特約」を使っても等級は下がりません!

弁護士費用特約を使用することで、「加入している自動車保険の等級に影響が出るのでは?」とデメリットを心配される方もいますが、弁護士費用特約を使っただけでは翌年の等級が下がったり、保険料が高くなったりすることはありませんので、安心してご使用ください。

なお、「車両保険」なども一緒に使用すると、等級への影響がゼロではないケースもありますので、保険や特約を使用する際は、念のため加入している保険会社に確認をするようにしましょう。

Mr.リードからあなたへ

弁護士費用特約については「弁護士費用特約を使えば負担¥0。事故被害者に便利な4つのメリット」、「弁護士費用特約、本当に未加入?使えないと勘違い、あなたもしているかも!」でも詳しくご説明していますので、こちらもぜひご覧ください。

ケガの治療だけでもとても大変なもの。少しでも負担を減らし、妥当な賠償金をスムーズに勝ち取るためにも、遠慮せずに弁護士費用特約を利用して弁護士に相談してくださいね。

もらい事故の示談交渉を
弁護士に相談するなら、
まずは交通事故診断

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ

このコラムが役に立ったら
いいね!してね