交通事故コラム

保険会社から個人情報取得の同意書が届いた!サインをして大丈夫?

交通事故に遭うと、聞いたことがないような書類にたくさん関わることになります。その中でも不安に思われる方が多いのが、加害者の保険会社から届く、「個人情報の取得に関する同意書」です。
ここでは、この同意書の詳細についてご説明いたします。

「個人情報の取得に関する同意書」とは?

まずは、「個人情報の取得に関する同意書」の概要についてご説明します。

個人情報の取得に関する同意書

加害者の任意保険会社や自賠責保険の調査事務所が、被害者が通う病院の医師に対して医療情報の確認や取得を行う際に必ず必要な書類です。

交通事故被害者の病院での治療内容は、守秘義務によって守られています。「個人情報の取得に関する同意書」がなければ、保険会社は医療情報を得ることができません。

「個人情報の取得に関する同意書」は、交通事故に遭って間もない頃に郵送で届くため、「サインをして大丈夫?」と不安に思われる方もいらっしゃいますが、サインをして不利益になることはありません。

同意書で保険会社が取得する情報

「個人情報の取得に関する同意書」にサインをすることで、保険会社は病院の医師から下記の医療情報を取得できるようになります。保険会社は、治療費の支払い後遺障害等級の申請を行うために医療情報を入手します。

保険会社が取得できる情報

  • 治療の詳細の確認
  • 書類(診断書、検査結果など)の取得

もう一つの同意書「一括対応の同意書」とは?

ここまで、「個人情報の取得に関する同意書」に関するご説明をしてきましたが、加害者の保険会社から送られてくる同意書はもう一つあります。
それが「一括対応の同意書」のです。

「一括対応の同意書」は、その名前の通り、保険会社に対応を任せることに同意する書類です。この同意書にサインすることで、保険会社は交通事故被害者に代わって病院に治療費を支払ったり、後遺障害等級の申請を行うことができます。
「一括対応の同意書」もサインをして不利になることはありません。

個人情報の取得に関する同意書

治療費の支払いや後遺障害等級の申請に必要な情報の入手に同意する。

一括対応の同意書

治療費の支払いや後遺障害等級の申請を本人に代わって行うことに同意する。

このように覚えるとわかりやすいかもしれません。

2つの同意書を提出しないと、被害者が治療費を立替えなければいけなくなることや、自分で自賠責の保険会社と任意保険会社の2つの窓口に対応しなければいけなくなることがあります。

「治療費をすぐにでも加害者側に負担してもらいたい」「余計な手間を増やしたくない」という方は、早めに提出をするようにしましょう。

なお、稀に「一括対応の同意書」にサインをしているから、被害者自身による後遺障害等級の申請(被害者請求)はできないと説明する保険会社もいるようですが、そのようなことはありませんのでご安心ください。

「個人情報の取得に関する同意書」や「一括対応の同意書」にどうしてもサインしたくないという方は、治療費などについてはひとまずご自身で負担し、治療が完了した後で、加害者側に一括して請求して支払わせるという方法もあります。

治療費を自己負担する場合には、健康保険を使いましょう。一定の手続をとれば健康保険を利用して治療することができる場合が多いです。

Mr.リードからあなたへ

初めての交通事故被害では、ケガによる今後の不安だけでなく、たくさんの書類や手続きでわからないことが多いと思います。少しでも気になることがあれば、早めに弁護士に相談をすることがオススメです。

治療中から弁護士に相談をしておけば、ケガや賠償金の今後の見通しがわかり、交通事故後の対応も正しく行っていくことができますよ。

おすすめ弁護士診断から
弁護士に相談する