交通事故コラム

後遺障害診断書と診断書は別のもの。違いや後遺障害診断書作成のポイントは?

後遺障害等級の認定に関する情報の中でよく出てくる「後遺障害診断書」。病院で医師が作成する「診断書」と同じだと思っていませんか?
「後遺障害診断書」と通常の「診断書」はまったく別のもの。今回は、「後遺障害診断書」を中心に、2つの診断書の違いをご説明します。

「後遺障害診断書」と「診断書」の違い

まずは、交通事故被害における「後遺障害診断書」と「診断書」のそれぞれの違い、役割についてご説明します。

「後遺障害診断書」と「診断書」の違い

作成する人 提出先 記載内容
後遺障害診断書 担当医師 損害保険料率算出機構、加害者の保険会社 病名、後遺症、自覚症状、検査結果など
診断書 担当医師 警察、職場、自分または加害者の保険会社など 病名、症状、ケガの見通しなど

上の表の中で、一番の違いは提出先で、書類を作成する目的が異なります。「後遺障害診断書」は、後遺障害等級の申請を行うために作成します。

一方で通常の診断書は、物損事故から人身事故に切り替える際に警察に提出する必要があったり、交通事故で会社を休む場合に、会社に提出を求められたりすることがあります。
また、それぞれ記載する書類のフォーマットも異なります。

「後遺障害診断書」の場合、医師に任せきりでは危険かも

他にもう一つ、「後遺障害診断書」の作成においては、非常に大きな違いがあります。それは、「後遺障害診断書」の場合、医師が作成に慣れていないケースもあるということです。

医師は「診断書」に比べて「後遺障害診断書」の方が作成するケースは少なく、作成したことがない医師もいます。

「むち打ち」などで整骨院に通っている場合は、整骨院で施術してくれる先生は医師ではないため、「後遺障害診断書」を作成することができません

また、医師は後遺障害等級を申請する専門家ではありません。そのため、後遺障害等級が認定されるために必要な内容を記載していなかったり、「治る可能性がある」といった、後遺障害等級の認定ではマイナスになってしまう記載をしてしまうことがあります。

その結果、後遺症が残っているにもかかわらず、後遺障害等級が非該当と判断されてしまう恐れもあるのです。

適切な「後遺障害診断書」を作成するポイント

では、適切な「後遺障害診断書」を作成するにはどうすればいいのでしょうか?

  1. 自覚症状をきちんと伝えること
  2. 医師に任せきりではなく確認をすること

この2つがポイントになります。自覚症状の記載も後遺障害等級の認定を受ける際の重要な要素。

「これは関係ないかな」と思わず、交通事故以前との違いが少しでもあれば、きちんと医師に伝えましょう。

その際は伝え方も大事。
普段から違和感があり、たまに痛みが出る場合、「時々、痛いことがある」よりも「普段から違和感があり、時々痛みがある」と「後遺障害診断書」に記載されていた方が、症状が正しく伝わります。

もう一つ、「後遺障害診断書」の確認ですが、これはご自身では判断が難しいことですので、後遺障害等級に詳しい弁護士に相談をして確認してもらった方がいいでしょう。

弁護士が医師とやりとりを重ねて「後遺障害診断書」を作成していくことで、後遺障害等級の認定を受けるために適切な内容になっていきますよ。

Mr.リードからあなたへ

後遺障害等級の認定は、その後の賠償金を左右し、後遺障害等級の認定結果を大きく左右するのが「後遺障害診断書」。適切な内容の「後遺障害診断書」を作成することは、交通事故被害においてとても大切なんですよ。

ぜひ後遺障害等級に詳しい弁護士のサポートを受け、病院の先生に適切な「後遺障害診断書」を作成してもらいましょうね。

慰謝料シミュレーターから
弁護士に相談する