交通事故コラム

保険会社の対応が悪い!事故の慰謝料を任せきりにするのはなぜNGなの?

交通事故の賠償金でよく言われるのは「保険会社に任せきりではダメ」ということ。「交通事故に遭ったらやってはいけないNGなこと」の回で、NGなことのひとつとしてもご紹介しました。「対応が悪い」、「高圧的な態度が嫌だ」といった声を聞くことも多いです。ここでは、慰謝料や示談交渉に関して、なぜ保険会社に任せきりはNGなのかご説明いたします。

  • 公開日:
  • 更新日:

保険会社に任せきりだと慰謝料で損をするかも

まずは被害者の立場からご説明します。

NGな理由として一番大きいのが、交通事故被害で保険会社に任せきりだと、「裁判基準」よりも低い「任意保険基準」の賠償金で示談をしてしまったり、早い段階で治療費を打ち切られたりする場合があることです。

では、なぜ保険会社はそのような行動をとるのでしょうか?

その理由は、交通事故の被害者が望むことと、保険会社が望むことは真逆だと考えればおわかりいただけると思います。

被害者にとっては、より多くの賠償金を受け取れ、治療もしっかりと受けられることが望ましいです。

しかし、保険会社にしてみれば、賠償金額が高額なほど保険会社の支出は増えます。

治療期間が長い程、保険会社が負担する「治療費」や「慰謝料」の金額は高額になります。

つまり、被害者が望むことは利益が減るマイナスの要因でしかありません。

「任意保険基準」で賠償金を提示するのも、治療の早期打ち切りを行うのも、自社に多くの利益をもたらすためなのです。

過失割合も同様です。

信号待ちの追突事故のように被害者に過失がないことが明らかなケースは別として、被害者にも過失がつく事故では、過失割合の判断を相手保険会社に任せきりにすると、被害者に必要以上の過失がつく恐れがあります。

過失が大きくなると、結果として過失相殺で受け取る慰謝料も少なくなってしまいます。

このような事情があることを知らず、保険会社を信じてしまうと、賠償金で損をしてしまったり、最後まで治療を受けられなくなったりするので、注意してください。

保険会社が正当な理由があるように説明していたとしても、それを鵜呑みにしないことが大切です。

あなたが損をしていないか、交通事故診断を行って弁護士などに聞いてみましょう。

交通事故診断をはじめる

対応が悪い、マウンティングはよくあること?

保険会社に任せていいか不安な方は、「態度が高圧的」、「こっちの都合を考えてくれない」「対応が煩わしい」など、保険会社に対する不信感を抱いてないでしょうか?

保険会社の対応の悪さを指摘する声は、多くの事故被害者から聞かれること。

保険会社にとって事故被害者はお金を支払う相手であり、お客さまではありません

そのため、被害者の気持ちに配慮していない発言したり、マウントを取って示談を進めようとしたりすることがあるのもそのためです。

「煩わしいから早く示談したい」、「もう連絡してほしくない」などと思って保険会社の提示を受け入れてしまうと、自分が不利な条件で示談をすることになりかねません。

保険会社の対応が悪いときも、安易に示談に応じないようにしましょう。

自分の任意保険なら任せきりで大丈夫?

被害者にも過失がつくときなどは、被害者の任意保険が示談交渉を代行してくれることがあります。

自分が加入している保険なので、この場合は保険会社に任せきりで大丈夫と思うかもしれません。

たしかに、相手保険会社と交渉することはなくなります。

しかし、保険会社同士の示談交渉は任意保険基準をもとに行われるため、弁護士が裁判基準で示談交渉をした際と比較すると賠償金は低額になることがほとんど。

この場合も受け取る慰謝料が少なくなる可能性があるのです。

治療期間が長い、後遺障害等級の認定を受けたなど、ケガによる損害が大きいケースでは、特に金額差が大きくなる傾向があります。

Mr.リードからあなたへ

万が一の交通事故に備え、保険に加入しておくことはとても大切なことだと思います。

しかし、交通事故の当事者になった時は、保険があるからと安心するのではなく、きちんと考え行動をすることが自分自身のために繋がります。

自分で交渉するのが嫌な場合は、弁護士などのサポートを受けてはいかがでしょうか?

専門家に依頼すると保険会社と直接やり取りをすることはなくなります。

自分の被害状況に合った専門家を探す

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ

このコラムが役に立ったら
いいね!してね

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断