交通事故コラム

なぜ保険会社に任せきりはNGなの?

交通事故の賠償金で、よく言われるのが「保険会社に任せきりではダメ」ということ。「交通事故に遭ったらやってはいけないNGなこと」の回で、NGなことのひとつとしてもご紹介しました。今回は被害者の立場に加え、加害者の立場からも、なぜ保険会社に任せきりはNGなのかご説明いたします。

保険会社の説明を鵜呑みにすると損をしてしまうかも

まずは被害者の立場からご説明します。NGな理由として一番大きいのが、交通事故被害で保険会社に任せきりだと、「裁判基準」よりも低い「任意保険基準」の賠償金で示談をしてしまったり、早い段階で治療費を打ち切られたりする場合があることです。

では、なぜ保険会社はそのような行動をとるのでしょうか?その理由は、交通事故の被害者が望むことと、保険会社が望むことは真逆だと考えればおわかりいただけると思います。

被害者にとっては、より多くの賠償金を受け取れ、治療もしっかりと受けられることが望ましいです。しかし、保険会社にしてみれば、賠償金額が高額なほど保険会社の支出は増えます。治療期間が長い程、保険会社が負担する「治療費」や「慰謝料」の金額は高額になります。つまり、被害者が望むことは利益が減るマイナスの要因でしかありません。「任意保険基準」で賠償金を提示するのも、治療の早期打ち切りを行うのも、自社に多くの利益をもたらすためなのです。

このような事情があることを知らず、保険会社を信じてしまうと、賠償金で損をしてしまったり、最後まで治療を受けられなくなったりするので、注意してください。保険会社が正当な理由があるように説明していたとしても、それを鵜呑みにしないことが大切です。

あなたが損をしていないか、被害状況から診断することが可能です。

診断をはじめる(無料)

任せきりにしたことで、思わぬ事態となるかもしれません

一方で、交通事故の加害者の場合、保険会社に任せきりだとどのようなリスクがあるのでしょうか。ポイントとなるのは、保険会社の被害者に対する対応です。

保険会社にとって被害者はお金を支払う相手でお客さまではありません。そのため、被害者の気持ちに配慮していない発言をしたり、ずさんな対応をとったりするケースも存在します。また、お客さまである加害者がしっかりと賠償金を支払いたいと考えても、保険会社にとっては出費が増えることになるため、それを望むとは限らないことも覚えておいてください。

保険会社が粗悪な対応をすると、被害者の加害者への被害感情は膨らみます。その結果、示談までに必要以上の時間がかかってしまったり、刑事事件になっている場合は、裁判で加害者に重い処分を求めたりすることがあり得るのです。

このような理由から、加害者にとっても保険会社に任せきりでは、思わぬ事態になってしまいかねないと言えるのです。

Mr.リードからあなたへ

万が一の交通事故に備え、保険に加入しておくことはとても大切なことだと思います。しかし、交通事故の当事者になった時は、保険があるからと安心するのではなく、きちんと考え行動をすることが自分自身のために繋がります。

その行動のひとつが、弁護士のサポートを受けることです。すでに保険会社の対応に疑問を感じていたら、今すぐ弁護士を探すべきかもしれません。

自分の被害状況から弁護士を探す