交通事故コラム

交通事故被害を弁護士に相談。ベストタイミングはいつ?

交通事故に遭ってから賠償金を受け取るまで、半年や1年かかり、長いケースだと数年かかるようなこともあります。
弁護士に相談するメリットは理解しても、いつから相談したら良いかわからないという方も多いようです。事故直後?示談交渉の時?ベストタイミングはいつなのでしょうか。Mr.リードがお教えしますね。

治療中から示談交渉前が相談のタイミング。「症状固定」の前が一般的

交通事故から賠償金を受け取るまでの間に、被害者の方に関わるできごとを時系列順に並べると「事故直後」「治療中」「症状固定」「後遺障害認定」「示談交渉」に大きく分けられます。

その中で、弁護士に相談するメリットをきちんと受けられるのは、治療中から示談交渉の前まで

特に「症状固定」が近づいてきた頃(保険会社から賠償金が提示される前)に依頼するのが一般的です。

「症状固定」の前に弁護士が介入していれば、「症状固定」後の後遺障害等級の認定や示談交渉を弁護士に任せることができるため、症状にあった後遺障害等級の認定を受け、妥当な賠償金を勝ち取ることに繋がります。

また、今後のことを早く知りたいという方は、治療中から相談してもOK。治療中から相談や依頼に応じてくれる弁護士も大勢います。治療中から相談をすることで、受けておくべき検査についてアドバイスをもらえたり、保険会社とのやり取りを任せたりできるメリットがあります。

重症の場合は、すぐに弁護士に相談!

事故現場から救急搬送されそのまま入院し、身動きが取れないような方は、すぐに弁護士に相談しましょう。被害者本人の意識が戻らない場合は、ご家族から弁護士に相談しても構いません。

重症の場合は特に、ご本人やご家族は治療のことで頭がいっぱいです。加害者との交渉は弁護士に任せ、今後の生活再建についても、弁護士にサポートしてもらいましょう。

Mr.リードからご紹介する弁護士は、遠方でも病院やご自宅に直接伺ってサポートしてくれます。

弁護士費用を気にされる方もいますが、重症者の場合は、後の賠償金額も大きくなるため、そこから十分に弁護士費用を捻出することが可能です。

費用を心配するあまり弁護士に依頼せず、加害者からの賠償金を鵜呑みにしてしまう方も少なくありません。

相手が提示してくる賠償金は多額なものが予想されますが、それがあなたにとって本当に適正な賠償金かどうかはわかりません。弁護士に依頼すれば、賠償金額が2倍以上になっていたはずなのに、というケースもあります。

相談のタイミングが遅すぎるのはキケン。損をしてしまうかも

弁護士への相談が遅くなり過ぎないように注意しましょう。

ご自身で示談交渉を行い、保険会社から提示された低額の賠償金で示談をしてしまった、
認定された後遺障害等級が妥当でないにもかかわらず、それに気がつかずに示談をしてしまったということがあります。

一度示談をしてしまうと、後から「やっぱり納得できない」と弁護士に相談をしても、示談内容を覆すのは難しくなってしまいます。また、賠償金を受け取るまでの時間が必要以上に長くなってしまいます。

弁護士への相談を少しでもお考えであれば、「やれるところまで自分でやる」よりも「早めに弁護士のサポート受ける」ほうが得策です。
賠償金で損をしないためには、相談のタイミングを間違えないことが大切です。

Mr.リードからあなたへ

「まずは治療に専念し、示談する前に弁護士に相談」このことを覚えておいてくださいね。

また、治療中の相談対応は、弁護士によって異なるようです。このWebサイトを通じて相談できる弁護士は、治療中からきちんと対応してくれますので、安心して任せることができますよ。

Mr.リードから弁護士に依頼する