交通事故コラム

【後遺障害9級】症状と増額事例と解決までの流れ

「後遺障害9級」に相当するケガをされている方は、今後の生活に大きな影響を与える「後遺症」を抱えていることと思います。生活への不安を少しでも少なくするには、きちんと賠償金を獲得することが大切です。
ここでは、弁護士に依頼し、妥当な賠償金を勝ち取った方の増額事例と、「後遺障害9級」を獲得できる可能性がある症状のご説明をいたします。

「後遺障害」について、まず知りたい方は

交通事故のケガによる「後遺症」や「後遺障害等級」の申請手続きについてを知りたい方は、まずは下記のページをご覧ください。

「後遺障害等級」について知ることで、このコラムでご説明している「後遺障害等級」や賠償金について、より理解することができますよ。

後遺障害(後遺症)の申請方法と適切なポイント

「後遺障害9級」が認定される可能性がある症状

まずは、どのような「後遺症」が残った場合に「後遺障害9級」が認定されるのかご説明します。「後遺障害9級」の症状としては、次のようなケースが挙げられます。

  • 「高次脳機能障害」により、日常生活や仕事に影響が出る場合
  • 脊髄を損傷し、軽度の「単麻痺」が残った場合
  • 顔に5センチ以上の線状痕が残った場合
  • 両目の視力が0.6以下または片目の視力が0.06以下になった場合
  • 片方の耳の聴力を失ったまたは両方の耳で通常の会話が聞こえなくなった場合
  • 片足の指を2本失ったまたは片足の指全てに運動障害が残った場合
  • 片手の親指または親指以外の2本の指を失った場合

このほかにも、さまざまな「後遺障害」が9級と認定される可能性があります。「高次脳機能障害」や「脊髄損傷」による麻痺は、「後遺障害等級」の認定が難しいとされている症状です。

「後遺障害等級」の申請で非該当となってしまうケースもありますが、弁護士とともに「異議申立」を行うことで、「後遺障害等級」が認定される可能性があります

もし、「高次脳機能障害」や「脊髄損傷」が疑われるなら、諦めずに妥当な「後遺障害等級」を勝ち取ってほしいです。

また、症状の程度によっては、9級より上の「後遺障害等級」が妥当な場合もあります。

「外貌醜状」で「後遺障害9級」を獲得した増額事例

弁護士の介入によって「後遺障害9級」を獲得し、賠償金が大きくアップした増額事例をご紹介します。

交通事故の詳細

被害者 6歳小学生
事故発生状況 歩行中に車と衝突
ケガ 鼻骨骨折、くも膜下出血、肋骨骨折など
保険会社の提示金額 100万円
示談金額 2034万円
より詳しくはこちら https://mr-lead.com/case/1/

このケースでは、小学生の男の子が交通事故で緊急搬送され、顔面に大きな傷跡が残ってしまいました。しかし、保険会社から提示された賠償金はわずか100万円。

納得のいかなかったご両親が弁護士に依頼し、弁護士が「外貌醜状」で「後遺障害9級」の認定を獲得。その後の示談交渉でも妥当な賠償金を勝ち取ることができ、賠償金額は100万円から2000万円以上となりました。

弁護士に相談しなければ、「後遺障害等級」の認定を受けず、低額の賠償金で示談をしてしまうところでした。「後遺障害等級」の大切さを実感する増額事例と言えます。

Mr.リードからあなたへ

本当は「後遺障害9級」が妥当にもかかわらず、非該当とされてしまったり、「後遺障害9級」よりも低い後遺障害が認定されて悩んでいらっしゃる方も多いようです。

「自分の症状は後遺障害9級が妥当なはず」という思いがあったら、一人で悩まずに弁護士に相談するようにしましょう。
Mr.リードの慰謝料診断を通じて弁護士に無料で質問できますので、気軽に活用してくださいね。

慰謝料シミュレーターから弁護士に相談する