交通事故コラム

1分で分かる!交通事故の慰謝料の「相場」と「増額する仕組み」

交通事故の被害者が弁護士に相談するきっかけとして多いのが「提示された賠償金額が正しいのかわからない」という理由。慰謝料の相場がわからない、保険会社を信用できないという人が多いようです。慰謝料の金額を決める仕組みや相場についてお伝えします。

こちらのコラムでは、交通事故の慰謝料の相場や慰謝料が増額する理由について解説しています。「交通事故の慰謝料とは何か?」「慰謝料の種類」について知りたい人は「慰謝料の相場」のページをご覧ください。

提示された金額はどの基準?金額が決まる3つの基準を知ろう!

まず、慰謝料の相場を知るためには、金額が決まる仕組みを知っておきましょう。

交通事故の賠償金には、金額を計算するための下記の3つの基準があります。

この基準は、入通院慰謝料、休業損害、後遺障害慰謝料、逸失利益など、賠償金のさまざまな項目で適用されます。

3つの基準

名称 自賠責基準 任意保険基準 裁判基準
(弁護士基準)
詳細 自賠責保険で決められた基準 加害者の保険会社が独自に決めている金額 裁判の判例をもとにして決められた基準
金額

慰謝料を含めた賠償金は、保険会社から「損害賠償額計算書」などの書類で提示されます。

その金額は、上記3つの基準のうち「任意保険基準」で算出されたものです。

任意保険基準では、金額の欄が「中」になっていますね。

実はここがポイント!

この金額欄、自賠責基準は「低」、裁判基準は「高」となっています。

「保険会社が算出した基準で金額も真ん中だから、任意保険基準が相場だろう」と思うかもしれません。

でも、そうではありません。

交通事故の賠償金の金額は「裁判基準」をベースに考えるべきなんです。

「裁判基準」となっていますが、裁判をするわけではありません

過去の裁判で妥当と認められた金額をもとにした基準で、弁護士が示談交渉をする際に妥当な賠償金額を判断する材料として用いられます。

保険会社も、「任意保険基準じゃないと支払いません」というわけではありませんので、裁判基準をもとに示談交渉をすることで賠償金が増額される可能性があります。

いっぽうで、任意保険基準が裁判基準よりも低いことを知らずに示談してしまうと、被害者が賠償金で数十万円〜数百万円の損をしてしまうかもしれません。

妥当な慰謝料を獲得できる弁護士をシミュレーション

慰謝料の金額差と相場。裁判基準で考える理由

基準によって慰謝料の金額にどのような違いがあるのでしょうか?

まずは入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の金額差の一例をご紹介します。

入通院慰謝料は、自賠責基準が1日あたり、裁判基準が1ヶ月あたりで金額が定められています。

後遺障害慰謝料は認定された後遺障害等級で金額が変わります。

ここでは、抜粋した慰謝料を掲載していますので、より詳しくご覧になりたい人は「慰謝料の金額が決まる基準」のページもご覧ください。

入通院慰謝料(自賠責基準、裁判基準)はいくら?

自賠責基準

1日4200円×(入院期間+通院期間)
または1日4200円×実通院日数

裁判基準

入院 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月
通院 53万円 101万円 145万円
1ヶ月 28万円 77万円 122万円 162万円
2ヶ月 52万円 98万円 139万円 177万円
3ヶ月 73万円 115万円 154万円 188万円
  • むち打ちで他覚症状がない場合を除く

2つを比較すると…(通院期間3ヶ月(90日)の場合)

自賠責基準:4200円×90日=37万8000円
裁判基準:73万円

  • 自賠責基準の計算は入院期間+通院期間を使用

後遺障害慰謝料(自賠責基準、任意保険基準、裁判基準)はいくら?

自賠責基準 任意保険基準
(推定)
裁判基準
第12級 93万円 100万円 290万円
第13級 57万円 60万円 180万円
第14級 32万円 40万円 110万円

自賠責基準、任意保険基準の差はわずかですが、任意保険基準と弁護士基準では金額に大きな違いがあることをおわかりいただけたかと思います。

では、次に慰謝料の相場をより具体的に見ていきましょう。

慰謝料の金額は、示談交渉や裁判などで決まります。

それぞれのケースでの入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の相場をまとめました。

こちらも一部を抜粋していますので、慰謝料の相場をより詳しくご覧になりたい人は「慰謝料の相場」のページをご覧ください。

入通院慰謝料の相場

示談交渉 裁判
1ヶ月 通院期間 22.4万円 28万円
入院期間 42.4万円 53万円
2ヶ月 通院期間 41.6万円 52万円
入院期間 80.8万円 101万円
3ヶ月 通院期間 58.4万円 73万円
入院期間 116万円 145万円
  • 1ヶ月は30日で計算し、端数は日割りで計算します。
  • 通院と入院を両方している場合は、それぞれの期間を考慮した金額になります。
  • 日数は、「総治療日数」と「実入通院日数✕3」を比較して少ない方を使います。
  • むち打ちなど軽傷の場合は、上記より低額になります。

後遺障害慰謝料の相場

後遺障害等級 示談交渉 裁判
第12級 230万円 290万円
第13級 140万円 180万円
第14級 90万円 110万円

入通院慰謝料、後遺障害慰謝料ともに、示談交渉時の金額は、裁判をした場合(裁判基準)の8〜9割となるケースが多いです。

後遺障害第14級だと示談交渉をした際の相場は90万円。

任意保険基準だと40万円でしたので、裁判基準より多少少額になったとしても、大きな金額差があります。

任意保険基準の枠内で計算された金額で納得する前に、弁護士に相談してみませんか?

弁護士にあなたの状況を伝え、保険会社のやり取りを任せることで、損をしない解決ができるはずです。

弁護士に相談して賠償金が増額した事例

保険会社の提示金額と弁護士の示談交渉後の金額では、賠償金額にどれくらいの違いがあるのか、具体的な事例でご紹介します。

【50代女性・主婦Aさん】むち打ち・腰椎捻挫

保険会社からの金額提示:合計約170万円

弁護士交渉後:合計約340万円

Aさんは、増額できる基準があることを知りませんでしたが、交通事故後の保険会社の対応に不満があり弁護士に相談しました。

Aさんから依頼を受けた弁護士は、170万円の具体的な内訳と、その基準を細かくチェックしました。

すると、裁判基準で計算すれば増額できる項目がいくつもあることがわかったのです。

弁護士が、必要な証拠を提示して保険会社と交渉した結果、最初の提示金額の2倍の金額まで増額することができました。

もしも、増額できる基準があることを知らなかったらどうなっていたのでしょう。

保険会社から提示された金額が妥当だと思って、そのまま示談していたかもしれません。

Aさんは、弁護士に相談することで増額できる基準を知り、納得のいく解決をすることができました。

あなたの慰謝料はどうなる?交通事故診断でチェック!

正しい賠償金を勝ち取るためになにをしたらいい?

適正な賠償金を得るためには、「裁判基準」を適用して交渉すること。
あなたにとって適正な裁判基準はどれなのか、判断できるのは弁護士です。

あなたがやることは、弁護士に相談し、必要な書類を揃えるだけ

弁護士に依頼すれば、裁判をしなくても納得のいく解決ができるよう弁護士が動いてくれます。

保険会社とのやり取りも、すべて弁護士に任せられます。

弁護士に依頼すると、下記の点も確認しながら慰謝料や賠償金の増額を目指してもらうことができます。

  • 通院回数や検査に不備はないか
  • 適切な後遺障害等級の認定を受けているか
  • 過失割合は正しいか

ご自身で交渉することも可能ですが、保険会社は何かと理由をつけ、簡単には「裁判基準」を認めません。

「弁護士が代理人になった」というだけで、保険会社の態度が変わることも実際にあります。

適正な交通事故の慰謝料を得るためには、弁護士に依頼するのがベストです。

ミスターリードが、あなたにベストな弁護士をご案内します。

保険会社の手続きが進行する前に、まずは弁護士へあなたの状況や質問を送っておきましょう。

診断して、ミスターリード認定の弁護士をチェック

Mr.リードからあなたへ

保険会社から提示された金額を相場と思わないでください。それとは別の適正な基準(裁判基準)があることを忘れてはいけません。

交通事故で受けた心身の損害や将来の損害に対する賠償ですから、納得できる金額を受け取るべきです。
そのためには、信頼できる弁護士を見つけて、「裁判基準」を目指した示談交渉をきちんと行うことが大切です。

診断して弁護士に相談する

慰謝料の裁判基準について、もっと知りたい方は慰謝料の金額が決まる基準のページを、ぜひご確認ください。

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ

このコラムが役に立ったら
いいね!してね

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断