交通事故コラム

1分で分かる!交通事故の慰謝料の「相場」と「増額する仕組み」

交通事故の被害者が弁護士に相談するきっかけとして多いのが「提示された賠償金額が正しいのかわからない」という理由。賠償金の相場がわからない、保険会社を信用できないという人が多いようです。そこで今回は、賠償金額がどのように決められているかお伝えします。

提示された金額はどの基準?金額が決まる3つの基準を知ろう!

まず、慰謝料の相場を知るためには、金額が決まる仕組みを知っておきましょう。

交通事故の賠償金には、金額を計算するための3つの基準があります。通常、保険会社からは「損害賠償額計算書」などの書類で金額提示があります。その金額は、次の3つの基準のうち「任意保険基準」の枠内で算出されたものです。

3つの基準

名称 自賠責基準 任意保険基準 裁判基準
(弁護士基準)
詳細 自賠責保険で決められた基準 加害者の保険会社が独自に決めている金額 裁判の判例をもとにして決められた基準
金額

金額の項目がポイントです。
自賠責基準は「低」、任意保険基準は「中」、裁判基準は「高」となっています。

「任意保険基準」は真ん中だから、保険会社の金額が妥当だろうと思った方、ちょっと待ってください!

弁護士が扱う「裁判基準」の金額こそが、本来あなたがもらうべき相場金額です。「裁判基準」となっていますが、裁判をするわけではありません。過去の裁判で妥当と認められた金額をもとにした基準です。

任意保険基準の枠内で計算された金額で納得する前に、弁護士に相談してみませんか?
弁護士にあなたの状況を伝え、保険会社のやり取りを任せることで、損をしない解決ができるはずです。

妥当な慰謝料を獲得できる弁護士をシミュレーション

知っている人と知らない人では、慰謝料などに大きな金額差が

では、基準によって相場にどのような金額差があるのでしょうか?3つの基準は多くの項目に関係しています。

例えば、傷害の慰謝料や休業損害、後遺障害の慰謝料、逸失利益など、それぞれに基準が影響していきます。

具体的な事例をみていきましょう。

【50代女性・主婦Aさん】むち打ち・腰椎捻挫

保険会社からの金額提示:合計約170万円
  ↓
弁護士交渉後:合計約340万円

Aさんは、増額できる基準があることを知りませんでしたが、保険会社の対応に不満があり弁護士に相談しました。

Aさんから依頼を受けた弁護士は、170万円の具体的な内訳と、その基準を細かくチェックしました。すると、裁判基準で計算すれば増額できる項目がいくつもあることがわかったのです。

弁護士が、必要な証拠を提示して保険会社と交渉した結果、最初の提示金額の2倍の金額まで増額することができました。

もしも、増額できる基準があることを知らなかったらどうなっていたのでしょう。保険会社から提示された金額が妥当だと思って、そのまま示談していたかもしれません。

Aさんは、弁護士に相談することで増額できる基準を知り、納得のいく解決をすることができました。

あなたの慰謝料はどうなる?簡単シミュレーターでチェック!

正しい賠償金を勝ち取るためになにをしたらいい?

「適正な賠償金を得るためには、「裁判基準」を適用して交渉すること。
あなたにとって適正な裁判基準はどれなのか、判断できるのは弁護士です。

あなたがやることは、弁護士に相談し、必要な書類を揃えるだけ

弁護士に依頼すれば、裁判をしなくても納得のいく解決ができるよう弁護士が動いてくれます。保険会社とのやり取りも、すべて弁護士に任せられます。

ご自身で交渉することも可能ですが、保険会社は何かと理由をつけたりして簡単には「裁判基準」を認めません。

「弁護士が代理人になった」というだけで、保険会社の態度が変わることも実際にあります。

適正な交通事故の慰謝料を得るためには、弁護士がベストです。
Mr.リードが、あなたにベストな弁護士をご案内します。

保険会社の手続きが進行する前に、まずは弁護士へあなたの状況や質問を送っておきましょう。

診断して、Mr.リード認定の弁護士をチェック

Mr.リードからあなたへ

保険会社から提示された金額を相場と思わないでください。それとは別の適正な基準(裁判基準)があることを忘れてはいけません。

交通事故で受けた心身の損害や将来の損害に対する賠償ですから、納得できる金額を受け取るべきです。
そのためには、信頼できる弁護士を見つけて、「裁判基準」を目指した示談交渉をきちんと行うことが大切です。

弁護士に相談する

慰謝料の裁判基準について、もっと知りたい方は慰謝料の金額が決まる基準のページを、ぜひご確認ください。