交通事故コラム

渋滞で後ろから追突された!こんな時はどうすればいい?

渋滞に捕まっていた時に、後ろから追突されてしまった。自動車同士の交通事故で多いケースのひとつです。自分にケガもないし、自動車のキズも大したことはなさそう。
こんな時はどうしたらいいのか、Mr.リードがご説明します。

警察には交通事故の連絡をする?しない?

「渋滞の最中に後ろから追突されたけど、大した交通事故ではなさそう」こんな時に、どうしたらいいかわからないのが警察への連絡

「渋滞のせいで、ただでさえ目的地への到着が遅れているし、警察に連絡すると大事になりそう」。だから、警察には連絡をしなくてもいいかなと思ってしまいますよね。

自分が無傷だったらなおさら。後ろから追突してきたドライバーと連絡先だけ交換し、あとで修理費を払ってもらえば、それで解決できてしまいそうです。

しかし、ケガの程度や自動車のキズに関係なく、交通事故に遭ったら警察に連絡をするようにしましょう。これは、あとで面倒なトラブルになって、自分に必要以上の負担が増えないようにするためです。

警察に連絡しなかった時に起こり得るトラブルを2つご説明します。

加害者と連絡がとれなくなってしまうかも

自動車のキズの修理費を支払ってもらう約束をして警察に連絡しなかった場合に怖いのが、あとから修理費の請求をしようとしても、交通事故の加害者と連絡が取れなくなった場合や、支払ってもらえない場合です。

警察に連絡をしていなかったら、「交通事故証明書」がないため、交通事故に遭ったことの証明が困難になってしまいます。修理費が結局、自己負担になってしまうかもしれません。

後から痛みが出てきても、賠償金を請求できないかも

追突事故で多いケガが「むち打ち」です。実は、「むち打ち」は、交通事故発生直後は症状がなくても、数日や1週間程度が経ってから痛くなることもあるのです。

しかし、時間が経ってから、病院に行っても、交通事故が原因で「むち打ち」になったと証明することが難しくなってしまいますし、警察に連絡をしていなかったら、交通事故の事実すら証明することができないかもしれません。

この場合、「治療費」などの賠償金を交通事故の加害者に請求することが困難になってしまう可能性があります。

「むち打ち」は後遺症が残る可能性もあるケガ。

あとから「むち打ち」の症状に悩まされ、さらに賠償金も請求できないという二重苦にならないよう、大したことはないと思っても、交通事故に遭ったら警察に連絡することと、病院に行くことは、怠らないようにしましょう。

Mr.リードからあなたへ

ちょっと後ろから追突されただけのはずだったのに、警察に連絡をしなかったばかりに大きな負担になってしまうのは嫌ですよね。

だから、面倒だと思っても、もし、渋滞で後ろから追突されてしまったら、交通事故の程度に関わらず、適切な対応をとることを忘れずにお願いします。