交通事故コラム

交通事故被害を弁護士に相談する5つのメリット

弁護士への相談をお考えの方は、弁護士がどのようなことをしてくれるのか気になりますよね。そこで、交通事故被害を弁護士に相談するメリットをまとめてみました。

  1. 十分な賠償金(慰謝料など)を請求できる
  2. 過失割合や後遺障害等級でも後悔しない
  3. 治療をしっかりと受けることができる
  4. 書類の作成や手続を代行してもらえる
  5. 保険会社とのやり取りによる精神的負担の軽減

この5つのメリットを詳しくご説明します。

納得のいく賠償金を勝ち取るには弁護士のサポートが必要

メリットは、金銭面のメリットと時間・精神面のメリットに分けられます。まずは、金銭面のメリットについてです。

実は、弁護士の増額交渉によって、賠償金額がアップする可能性が高まります。保険会社は、自社の「任意保険基準」で定めた賠償金を交通事故被害者に提示していますが、この金額は、同様のケガや事情を抱えた被害者が裁判を起こした時の賠償金の判例(裁判基準)と比べると低額です。裁判を起こさずに同じ程度の賠償金を勝ち取るには、保険会社と交渉をする必要があります。

しかし、「裁判基準」との金額差を自分で判断するのは、想像しただけでもすごく難しいものです。その時に弁護士に任せれば、被害者の代わりに増額交渉をしてもらえるのです。

さらに、賠償金の金額は、「過失割合」や「後遺障害等級」の認定結果も大きく影響します。「過失割合」も「後遺障害等級」も専門的な判断が求められますので、弁護士のサポートを受けることで、結果が変わってくるケースもあります。

また、まだケガの痛みがあるにも関わらず、保険会社から治療費の支払いの打ち切りを打診されることがありますが、弁護士に相談していれば、治療を途中で打ち切られることなく、最後までしっかりと治療を受けることができる可能性が高くなります。

交通事故の被害者は、このように弁護士から多くのサポートを受けられます。そしてこれらのサポートが、最終的に納得のいく賠償金を勝ち取ることに繋がっていくのです。

弁護士が時間や精神面の負担の軽減にも貢献

次は弁護士に相談することによる時間・精神面のメリットについてです。

交通事故に遭うと、保険会社とのやりとりが多く発生します。書面の作成や提出も多くなります。対応に多くの時間を取られますし、ケガの治療に専念できず、やりとりが面倒に感じている被害者も大勢いらっしゃるようです。

また、処理を早く終わらせたい保険会社は、時に事務的で一方的な対応をとったり、被害者の状況を無視して示談を進めたりします。保険会社の対応に、心労を受けるという被害者の声も少なくありません。

これらの負担は、弁護士に任せることで軽減できます。窓口が弁護士になるので、交通事故被害者が余計な不安や心配、ストレスを抱えることもなくなります。交通事故の被害者にはケガや後遺症の負担もあるので、時間や精神面の負担が軽減されることは大きなメリットになります。

弁護士に相談することでデメリットは?

メリットばかりお伝えしてきましたが、デメリットもあるのではと気になるところでしょう。弁護士に相談することでデメリットがあるとすれば、それは、弁護士費用がかかることです。

しかし、弁護士費用も差し引いても、受け取る賠償金が増額するケースが多いです。また、自分や家族が加入している保険に「弁護士費用特約」が付いていれば、自動車保険が弁護士費用を負担してくれます。「弁護士費用特約」があれば、賠償金額が高額とならない限り、交通事故被害者が弁護士費用を一切負担せずに済むことが多いです。弁護士に相談する前に、「弁護士費用特約」について一度確認してみることがおすすめです。

Mr.リードからあなたへ

弁護士に相談するメリットやデメリットはこのような感じです。交通事故被害者の事情はみなさん異なりますので、ここでご紹介したこと以外にも、弁護士のサポートを受けられることはあるかもしれません。

まずはあなたの状況にあった弁護士を探し、一度相談してみてはいかがですか?

診断して弁護士を探す

上で説明した内容について、さらに具体的に知りたい方はこちらをご確認ください。

慰謝料について

過失割合に納得がいかない

後遺症や後遺障害の等級について

治療(入通院)について