交通事故コラム

痛みがあるのになぜ治療が打ち切り?保険会社から打ち切りと言われたら

「まだ痛みがあっても保険会社に治療費の支払いを打ち切られることがある」と聞いたことはありませんか?

交通事故のケガの治療中で起こりやすいのが、「治療費」の打ち切りに関するトラブル。ここでは、打ち切りと言われた時の対応と、治療を継続する方法をお伝えします。

治療費は本来、完治か「症状固定」まで支払われるものだけど…

まずは、ケガの治療をいつまで受けることができるか改めてご説明します。入院や通院による治療は、ケガが完治するまで、または医師から「症状固定」と診断されるまで受けられます

「症状固定」とは、これ以上治療を続けても症状の改善が見込めなくなってしまった状態のことです。

交通事故の被害者から見れば、完治または「症状固定」と診断されるまで、保険会社に「治療費」の支払ってもらいたいものですが、これらの診断を受ける前に、保険会社が「もう症状固定です」などと言って、一方的に治療を打ち切ろうとするケースが多いのです。

保険会社が治療を打ち切りにしたがるのはなぜ?

ではなぜ、保険会社は治療の打ち切りを言ってくるのでしょうか?

「症状固定」後の「治療費」は、交通事故の被害者が賠償金として保険会社に請求することができません。そのため、保険会社は早く「症状固定」とすることで、「治療費」を低く抑えることができるのです

保険会社が治療の打ち切りを言う時期の目安として、「DMK136」というものがあります。下記のようにアルファベットは症状、数字は期間を表している言葉です。

D 打撲 1カ月
M むち打ち 3カ月
K 骨折 6カ月

治療の頻度が少ない場合などは、保険会社が「DMK136」に沿って治療の打ち切りを伝えてくる可能性が高くなります。

仕事が忙しいからなどの理由で、通院の回数を減らしてしまうと、早期の打ち切りに繋がってしまいかねません。医師の指示に従って適切な頻度で治療を受けるようにしましょう。

痛みがあるのに、打ち切りと伝えられたら

まだ痛みなどがあり、「治療費」の支払いの打ち切りに納得できない場合、保険会社からの打診を安易に受け入れては行けません。なぜなら、保険会社には「症状固定」を判断する権限はないからです。

「症状固定」を判断するのは医師なので、ケガの症状などを医師にきちんと伝え、治療を継続する必要があると書かれた「診断書」を発行してもらい、保険会社と交渉をしましょう。

打ち切りを告げられた段階で弁護士に相談するのもおすすめです。

一方的に打ち切りにされた場合は、後から請求も可能

交渉が上手くいかず、保険会社が一方的に「治療費」の支払いを打ち切った場合でも、治療をやめないようにしましょう。医師が「症状固定」と診断するまで通院を続けてください。

後遺症が残って「後遺障害等級」の申請を行う場合、「症状固定」まで適切な治療を受けていることが重要だからです

打ち切られた後に自分で負担した治療費は、慰謝料など他の賠償金と一緒に保険会社に請求することができます。

Mr.リードからあなたへ

大切なのは、完治や「症状固定」を迎えるまで、医師の指示に従って適切な治療を受け続けることです。しっかりと治療を受け続けるためにも、適切な賠償金を勝ち取るためにも、保険会社の治療費の打ち切りを鵜呑みにしてはいけません。

保険会社への対処や治療費の請求などは、ご自身では難しいことも多いので、弁護士に気軽に相談してみてください。

弁護士に交渉を依頼する