交通事故コラム

自損事故を起こしたら。警察は呼ばなくていい?保険会社に連絡は?

「自動車を運転中に電柱やガードレールに衝突してしまった」。このような自損事故(単独事故)を起こした際に警察や保険会社に連絡する必要はあるか、病院への通院したほうが良いかを確認していきましょう。
対応を間違えると、自分の保険が使えなくなることや当て逃げと判断されて違反点数がつくこともありますのでお気をつけください。

  • 公開日:
  1. 自損事故を起こした後の対応
  2. 自損事故で点数は付く?
  3. 自損事故での保険の使い方

いますぐ弁護士に
聞きたい人はこちら

診断スタート

自損事故を起こした後の対応

対応 詳細
ケガ人、損壊の確認 事故の状況を確認してください。自分以外にケガ人がいたら救護活動を行ってください。
警察に連絡 自損事故でも必ず警察を呼びましょう。警察が来た後は聴取などに対応をします。
保険会社に連絡 自分が加入する自動車保険にも連絡をしましょう。ケガの治療や自動車の修理で保険を使うことがあります。
病院に行く ケガの有無に関係なく、一度病院へ行ってください。時間が経ってから痛みが出る場合もあります。

自損事故を起こした後に行う対応をまとめました。

この中でまず行うのは、被害状況の確認です。

電柱などにぶつかったことで。周りにいた人がケガをしている可能性があります。

助手席や後部座席に同乗者がいる場合は、同乗者の被害状況を確認してください。

ケガ人がいたら、手当をする、救急車を呼ぶなどしてください。

被害者の方がいない場合は自損事故になりますが、被害者の方がいる場合は人身事故となり、あなたが事故の加害者となる可能性があります。

自損事故で警察を呼ばなかったら

自損事故でも必ず警察に連絡してください。

警察を呼ばなかったら事故として処理されません

すると、「事故があったことを証明できなくて自動車保険を使えない」、「警察に当て逃げの犯人として扱われてしまう」などのデメリットが生じる可能性があります。

自損事故で点数は付く?

交通事故を起こすと違反点数が付くことがあります。

人身事故では、事故を起こしただけで違反点数が付きますが、自損事故は事故を起こしただけでは違反点数は付きません

ただし、交通違反が原因で自損事故を起こした場合は違反点数が付くこともあります。

また、警察を呼ばないで事故現場を立ち去ったことが後で警察に知られた場合、当て逃げをしたと扱われ、違反点数7点が付く可能性があります。

7点が付くと免許停止や取り消しの前歴がない場合も1発で30日間の免許停止になります。

初動対応を間違えると、後で大きな罰則を受けることになりかねませんので、自損事故を起こしたら、必ず警察に連絡をしましょう。

自損事故での保険の使い方

自損事故で使える自分の保険を確認していきましょう。

自損事故で使う可能性があるのは、健康保険労災保険、自分が加入する自動車保険です。

健康保険を使って通院できる?

自損事故の場合でも健康保険を使って通院することができます。

転んでケガをして病院に行く場合と同じです。

自分の自動車保険から保険金を受け取らない場合、治療費は自己負担となりますので、自由診療よりも健康保険で通院したほうがいいでしょう。

なお、飲酒運転で自損事故を起こした場合では、健康保険は使用できません。

自損事故で労災保険を使えるケース

労災保険は、仕事中の交通事故でケガの治療をしたり、仕事を休んだりした場合に使うことができる保険です。

そのため、仕事中や通勤途中の自損事故でケガをしている場合、労災保険を使用することができます。

ケガはなく、被害が自動車の損壊だけの場合、労災保険は使用できません。

自動車保険から保険金はもらえる?

自動車保険は、事故の状況によって使用できる保険が異なります。

保険を使うことで等級が下がり、翌年からの保険料が上がることもありますので、保険を使ったほうがいいかよく考えて利用しましょう。

保険の名称 詳細
自損事故保険 自損事故でケガをした際に保険金が支払われます。
車両保険 自損事故で自動車などが損壊した際に保険金が支払われます。
人身傷害保険 運転者や同乗者がケガをした場合に保険金が支払われます。
対物賠償責任保険 自損事故で電柱やガードレールなどを壊してしまった場合に、その修理費用の支払いなどで使用できます。

このほかにも、使用できる保険があるかもしれませんので、加入する自動車保険に確認しましょう。

また、家族以外の同乗者がケガをしている場合は、対人賠償責任保険を使って慰謝料などを支払うことになります。

この場合は、自損事故ではなく人身事故となります。

Mr.リードからあなたへ

自損事故を起こしたら、ケガや器物損壊の有無に関係なく、必ず警察に連絡を呼ぶようにしてください

「ケガ人がいないから言わなくても大丈夫」はダメ。

あとで大ごとになるかもしれません。

自損事故では弁護士に相談できないことが多いので、自分自身で事故直後から正しい対応をすることが大切です。

保険の利用する際は、自分が損をしない選択をするようにしてくださいね。

かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「LINEでわかる慰謝料 5つのキホン」配信中!

もっとみる