交通事故コラム

専業主婦でも休業損害が出るって本当?職業別の休損を公開!

交通事故被害者に支払われる賠償金の項目の一つに、「休業損害」があります。
「休業損害」は、交通事故が原因で収入が減ってしまったことに対する補償ですが、実は、専業主婦など、収入がない方に対しても支払われる可能性があります。

もし、保険会社から主婦は「休業損害」が支払われないと言われていたらそれは間違いです。

なぜ、主婦にも休業損害が支払われるの?

「専業主婦だから休業損害をもらえない」と思っていた方。交通事故に遭ってから今日までを振り返ってみてください。

入通院やケガの痛みなどが原因で、家事に影響が出ませんでしたか?この損失を、会社員の方が収入減になってしまったのと同じように、「主婦休損」として請求できます。

また、家政婦介護ヘルパーを雇って家事を頼んだ場合、雇った費用を請求することもできます。

しかし、保険会社は「主婦休損」を認めなかったり、認めても妥当な金額とは程遠かったりするケースが多いです。そのため、「主婦休損」の妥当な金額を知り、きちんと請求する必要があります。

主婦の休業損害はどうやって計算する?

「主婦休損」の計算方法は、「自賠責基準」と「裁判基準」でそれぞれ次のように決められています。

「主婦休損」の計算方法

自賠責基準 裁判基準
1日あたり5,700円(基礎収入)とし、
日額5,700円×休業日数
「賃金センサス」の女子全年齢平均賃金÷365日×休業日数
※兼業主婦の場合は、「賃金センサス」と収入で金額が大きい方を使用

「賃金センサス」とは、厚生労働省が発表をしている賃金に関する統計のことです。表だけではわかりづらいかもしれませんが、「自賠責基準」と「裁判基準」だと、はっきりとした金額差があります。

兼業主婦の場合、パートなどによる収入が考慮されず、「自賠責基準」の「主婦休損」が提示されている可能性もあります。「自賠責基準」で提示されていたら、増額交渉で「裁判基準」を勝ち取れる可能性があります。

また、主婦が妥当な「休業損害」を受け取るには「休業日数」の証明も大切です。「休業日数」の証明には、医師の診断書や通院したことを示す書類が必要となりますので、捨てずに取っておきましょう。

より詳細な金額を知るためには、あなたの被害状況を弁護士に相談して計算してもらいましょう。

被害状況を診断して、弁護士に相談する

学生や無職でも、休業損害の獲得を諦めないでください!

学生や無職の方は、基本的には「休業損害」は認められません。しかし、アルバイトに影響した場合や、就職活動中に交通事故に遭った場合は「休業損害」を受け取ることができる可能性があります。

1. 学生の「休業損害」

学生で「休業損害」が認められる可能性があるのは、交通事故でアルバイトができなくなった場合や、交通事故が原因で就職の時期が遅れてしまった場合などです。その際は、アルバイトの収入や賃金センサスなどをもとに、金額を計算して請求します。

2. 無職の「休業損害」

無職の人が「休業損害」を受け取るためには、内定をもらっていたことや就職活動していたことなどを証明する必要があります。請求する際は、内定企業での給与額や賃金センサスなどをもとにして計算していきます。

「後遺障害」が残った場合は「逸失利益」も請求できます!

もし、「後遺障害」が残ってしまったら、その後の家事にも影響が出てしまう可能性があります。そのような場合は「休業損害」に加え、「逸失利益」も請求することができます

「逸失利益」の場合、妥当な金額を把握するには専門的な知識が求められますので、気になる点は弁護士に相談することをおすすめします。

Mr.リードからあなたへ

「休業損害」や「逸失利益」は、慰謝料と同じくらい大切なもの。妥当な金額を勝ち取ることで、賠償金の金額が大きく増額するケースもあります

自分の場合、「休業損害」や「逸失利益」がいくらもらえるのか、まずはあなたの状況にあった弁護士を探し、一度相談してみてはいかがですか?

自分の被害状況を診断し、最適な弁護士を探す