交通事故コラム

交通事故の加害者になってしまったら!?もしものときのために知っておくべき3つのこと

みなさん、日頃から安全運転を心掛けていることと思います。しかし、運転をする以上、交通事故を起こしてしまう可能性が常にあります。もしも、自分が交通事故の加害者になってしまったら…。交通事故の直後から解決までの加害者の対応、手続きでは、

  1. 交通事故直後の対応をきちんとする
  2. 保険会社に任せきりにしない
  3. 被害者に直接謝罪をする

この3つがポイントとなります。その詳細を、順番にお伝えしていきます。

警察への連絡をはじめ、初期対応をきちんとしましょう

交通事故を起こしてしまったら、すぐに自動車を止め、被害者がケガをしていたら、救急車を呼ぶなどの救護活動を行うようにしてください。

また、後続車両が交通事故に気が付かず、更なる事故が起こってしまわないよう、車を安全な場所に移動させ停止表示機材を置くなどの対応も必要です。

そして、警察へ連絡をしてください。たとえ軽微な交通事故だと思えても、連絡することを怠ってはいけません。警察が到着した後は、警察の指示に従って適切に対応や手続きをしましょう。

被害者の連絡先などを確認することも忘れないようにしましょう。
なお、交通事故の直後に、被害者と示談に関する話はしないようにしてください。

保険会社に連絡を。ただし、対応は任せきりにしないように

交通事故を起こしてしまったら、ご自身が加入されている任意保険会社へ連絡を入れてください。警察への連絡と同じく、軽微な交通事故であっても必ず連絡しましょう。賠償金の交渉などは、保険会社の担当者が行ってくれます。

ただし、保険会社に任せきりにするのはおやめください。被害者に対する誠意がなかったり、支払う賠償金が低額だったりと、粗悪な対応を行った結果、被害者の感情を逆撫ですることや、加害者の立場が悪くなってしまうこともあり得ます。

保険会社を介していても、きちんとした対応ができるよう、気を付けてください。

被害者へ直接謝罪。誠意ある対応を解決まで続けましょう

賠償金の交渉は保険会社を介していても、被害者に対する謝罪は直接行うべきです。「加害者からの直接の謝罪がない」と、被害者の怒りが増すことも考えられます。
直接、謝罪や反省の気持ちを伝えるようにしてください。

交通事故が刑事事件として取り扱われ、刑事裁判になった場合、調書に書かれた被害者の処罰感情が重要視されることも多くあります。被害者へ直接謝罪し、許しを得ることが、科せられる処罰に影響を与えることもあると覚えておいてください。

Mr.リードからあなたへ

交通事故を起こし、加害者となってしまったことは変えられません。その後の生活への影響を少なく抑えるために、解決まで誠意ある対応を続けましょう
もちろん、二度と交通事故を起こさないようにすることも忘れずに。