交通事故コラム

交通事故で病院に通院する時に。いつからいつまで、どこに通えば良い?

交通事故にあったら、痛みや出血などの状態にかかわらず病院で診察を受けましょう。重傷ではなかった場合、通院をおろそかにしてしまう人もいますが、いつから治療を受けたか、何回通院したかがとても大事。ケガの回復に影響しますし、時には慰謝料請求にまでかかわることも。「いつまで通院する?」、「何科に行けばいい?」、「こんな時はどうする?」など、必要な情報や流れをまとめました。

  • 公開日:
  • 更新日:

交通事故の後、病院へはいつ行く?

交通事故後、病院へはできるだけ早く行くようにしましょう。

救急車で搬送されるようなケガを負った場合を除き、事故後は警察に連絡をして事故状況の説明をしたり、保険会社への連絡を行ったりします。

この事故現場での対応が終わったら、すぐ病院へ行くことが望ましいです。

痛みがあるときはもちろん、痛みを感じない場合、ケガをしていなさそうな場合でも病院へ行きましょう。

仕事や用事を優先して病院に行かないのはあまりオススメできません。

後から痛みが出たり悪化したりすると、治療に影響します。

さらに事故から初診までに何日も日にちが開くと、交通事故によるケガだと証明できず、慰謝料請求にも影響する可能性があります。

病院はどこに行けばいい?

事故のケガで通院するのは、主に整形外科です。

ケガによっては別の科への通院が必要なこともありますが、事故被害者が「このケガは何科」と判断するのは難しいです。

最初は整形外科で診察を受け、医師から他の科を勧められたら、そちらを受診してください。

家や職場の近くに総合病院がある場合は、総合病院への通院がおすすめです。

受けられる検査が充実していますし、複数の科の受診もスムーズに行えます。

ただし、距離が遠い場合や待ち時間が長くなる場合は、総合病院にこだわる必要はありませんよ。

事故現場や家、職場の近くの病院へ行き、後から必要に応じて総合病院に行くのも問題ありません。

初めて行く病院の場合は、口コミなどの情報を少しでも確認してから行くかといいかもしれません。

また、むち打ちなどの場合は整骨院に通院することもできますが、整骨院に通うのは、整形外科の医師に通院の許可をもらってからです。

整形外科よりも先に整骨院に行くと、保険会社や整形外科との間でトラブルになりかねませんので、順番を間違えないようにしましょう。

詳しくは「整骨院への通院が原因で保険会社、整形外科とトラブルに。どう解決すればいい?」をご覧ください。

いつまで通院すればいい?軽いケガなら1度で大丈夫?

1度だけ病院に行き、その後一切行かないのは、トラブルの原因になりかねません。

医師に「症状が見られなければ通院しないで大丈夫」と言われていれば良いですが、「忙しい」、「あまり痛くない」といった理由から自己判断で通院を辞めてしまうのは良くありません。

後から痛みが増す可能性もありますし、通院していないと保険会社はケガが治ったと判断します。

ケガが完治、または症状固定を迎えるまでは、医師の指示に従って定期的な通院を継続するようにしましょう。

最初に行った病院に通院し続けなければいけない?

通院する病院は正当な理由があれば途中で変更して問題ありません。

理由は「より詳しい検査を受けられる病院に変えたい」、「痛みがあるから家の近くの病院がいい」「医師との相性が合わない」などが例として挙げられます。

遠出の最中の事故では、継続的な通院が難しい病院で初診を受けることもありますので、家や職場の近くの病院に変えましょう。

また、いきなり転院するのではなく、セカンドオピニオンとして一度違う病院で診察を受けるのもアリです。

ただし、何度も転院していると、保険会社から治療費の支払いを打ち切られる恐れがありますので、理由なくコロコロと変えるのはやめましょう。

治療途中での病院の変更について詳しくは、「治療途中で病院を変えて平気?交通事故で病院を変更するときの4つの注意点」をご覧ください。

治療費を支払うのは加害者、被害者?

治療費は、基本的には加害者の保険会社に請求することができます。

事故被害者が治療費を一度立て替えてから保険会社に請求する方法と、病院が直接、保険会社に請求する一括払い(一括対応)という方法があります。

立て替えの場合は、請求時に診療明細書が必要となりますので、必ず保管をしておきましょう。

交通事故のケガの治療でも健康保険の利用が可能ですので、立て替える際の負担を減らすために健康保険の利用をおすすめします。

一括払いは、任意保険会社に同意書を提出すれば、保険会社と病院で話を進めてくれます。

また、病院での診察や投薬の費用だけでなく、入院費用、入院時の雑費、通院時の交通費、付添費用など、入院や通院をするためにかかった費用も請求可能です。

詳しくは、「交通事故の治療費はどこまで補償される?知って損なし請求可能な9種の治療費」をご覧ください。

Mr.リードからあなたへ

慰謝料をきちんと受け取るなら、治療の時から正しい対応をすることが大切」とよく言います。

通院は、ケガを治すために行うものですが、実は後々の後遺障害の等級認定慰謝料の請求にも大きく関係しているのです。

「忙しいから」と後回しにせず、きちんと通院するようにしましょうね。

わからないことがあれば、弁護士などの専門家にも聞いてみましょう。

交通事故被害に精通した専門家が通院時のアドバイスをしてくれますよ。

交通事故診断を行い、
弁護士に相談をする

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ

このコラムが役に立ったら
いいね!してね

もっとみる