交通事故コラム

スパーリングテストとジャクソンテスト。むち打ちの後遺障害で重要な2つの理由

交通事故でケガを負うと、ケガの症状や医学的な証拠を確認するために病院でさまざまな検査を受けます。「スパーリングテスト」と「ジャクソンテスト」は、むち打ちの場合に行うことが多く、後遺障害の等級認定にも影響すると言われています。この2つの検査が重要な理由や、検査の方法や費用、ほかの検査との違いをご説明します。

  • 公開日:
  • 更新日:

スパーリングテストとジャクソンテストはなぜ重要?

交通事故で「後遺症」が残った場合、「後遺障害の等級認定」を行います。

認定される後遺障害等級によって慰謝料の金額が変わるとても大切な手続きで、症状が残っているからといって必ず後遺障害等級が認定されるわけではありません。

きちんと検査を受け、資料をしっかり精査して手続きを行う必要があります。

むち打ちの場合、後遺障害の等級認定は特に難しいと言われており、希望する結果を得るために治療中からさまざまな検査を受けます。

スパーリングテストジャクソンテストもその中に含まれ、基本的に2つ1セットで検査を行います。

そして、次の2つの理由から、後遺障害等級の認定を受けるために大切なテストとされています。

1.自覚症状を確認することができる

むち打ちで後遺障害等級の認定を受けるためには、どのような自覚症状があるかを細かく伝えることが大切です。

自覚症状の伝え方には、日常生活での影響を伝える方法やテストを受けて確認する方法があり、テストでよく行われるのがスパーリングテストとジャクソンテストです。

決められた動きをしながら痛みやしびれなどの自覚症状(神経根の障害)があるかを確認していきます。

2.後遺障害診断書に記入する

スパーリングテストとジャクソンテストの結果は「後遺障害診断書」に記載をします。

後遺障害の等級認定を判断する「自賠責損害調査事務所」は後遺障害診断書の内容を重要視すると言われており、スパーリングテストとジャクソンテストの結果がどのように記載されているかも大きく影響します。

後遺障害診断書の内容で慰謝料が変わる?書き方や注意点、重要な理由とは」をご覧いただくと、後遺障害診断書が重要な理由を、よりご理解いただけます。

レントゲンやMRI検査との違いは?

ケガをした際に行う検査として有名なものにレントゲンやMRI、CTなどがあります。

これらの検査はむち打ちで行われることも多く、後遺障害等級の認定結果にも影響します。

スパーリングテストやジャクソンテストと同様に重要な検査です。

ただし、検査を得られる結果には大きな違いがあります。

お伝えしたように、スパーリングテストやジャクソンテストは自覚症状を確認するためのテストです。

他覚症状(医学的な証明)を確認することはできません。

いっぽうでレントゲンやMRIは他覚症状の有無を確認する画像検査です。

この検査では自覚症状は確認できません。

むち打ちでは、他覚症状がある場合は後遺障害12級、自覚症状のみの場合は後遺障害14級が認定される可能性があります。

スパーリングテストとジャクソンテストは、後遺障害14級、レントゲンやMRIは12級の認定のために必要な検査と覚えておきましょう。

後遺障害の等級認定の対策について詳しくは「交通事故でむち打ち!辛い症状や後遺障害等級、示談交渉のポイントまとめ」をご覧ください。

スパーリングテストとジャクソンテストの検査方法

次に、スパーリングテストとジャクソンテストの検査方法をご説明していきます。

どちらの検査も神経学的検査というものに分類され、神経根の異常を確認していきます。

特別な医療機器は必要としません。

患者と医師がいれば、簡単に行うことができるテストです。

テストを行い、患者が自覚症状(首や腕の痛みやしびれ)を自己申告で伝えていきます。

痛みやしびれがあれば検査結果は陽性、なければ陰性となり、後遺障害診断書に記載されます。

スパーリングテストのやり方

  1. 患者は椅子などに座ります。
  2. 医者は患者の後方に立ち、両手を組むようにして患者の頭の上に置きます。
  3. 医師が、頸部を痛みやしびれが出る側に傾け、圧迫していきます。はじめは軽く、2回目に強めに圧迫し、症状が出れば陽性、出なければ陰性となります。

ジャクソンテストのやり方

  1. 患者は椅子などに座り、頭部を後ろに倒します。
  2. 医者は患者の後方に立ち、両手を患者の頭部に置きます。
  3. そのまま患者の頭を下に押さえつけるようにして負荷をかけます。症状が出れば陽性、出なければ陰性となります。

テストはどの病院で受けられる?検査費用はいくら?

スパーリングテスト、ジャクソンテストともに特別な医療機器を必要としませんので、通院している整形外科で受けられることが多いでしょう。

整骨院に通院をしている方も整形外科へ行って検査を受けましょう。

整骨院では医療行為を受けることはできませんし、検査結果を後遺障害診断書に記載するのは医師です。

この先、等級認定を行う可能性があるなら、整形外科への通院も続けるようにしてください。

また、スパーリングテスト、ジャクソンテストの検査費用は、治療費として保険会社に請求することができます。

基本的には事故被害者が料金を負担することはありません。

参考までに健康保険を利用して検査を受けた場合の金額をお伝えすると、「平成30年診療報酬点数表」では、神経学的検査は500点となっています。

診療報酬点数は1点10円のため、健康保険の自己負担が3割の場合は、500点×10円×0.3=1,500円が検査費用となります。

Mr.リードからあなたへ

スパーリングテスト、ジャクソンテストで陽性になったからといって必ず後遺障害14級が認定されるわけではありませんが、等級認定を受けるなら受けておくべき検査です。

交通事故被害に弁護士には、必要な検査後遺障害診断書の内容の相談をすることもできます。

このWebサイトから弁護士に相談することができますので、不安なこと、気になることを相談してみてくださいね。

診断を行い、
弁護士にむち打ちの相談をする

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ

このコラムが役に立ったら
いいね!してね

もっとみる