交通事故コラム

[自賠責保険の解説 第1弾]自賠責保険とは何!?今さら聞けない基礎知識をまるっと解説!

自賠責保険は正式には「自動車損害賠償責任保険」といいます。自動車やバイクを運転する人は、加入することが義務付けられています。今回は、自賠責保険の基本的な部分を説明します!

自賠責保険の概要

自賠責保険は、加入が義務付けられた「強制保険」です。もし未加入で車を走行した場合は法律によって罰せられ、1年以下の懲役または50万円以下の罰金と、免許停止処分(違反点数6点)になります。

自賠責保険は「車にかかる保険」です。そのため、保険対象車であれば、誰が事故を起こしても保険が適用されます。

また、交通事故の被害者を救済することを目的としているため、物損事故や加害者のケガの補償には適用されません。賠償金の支払いには限度額あり、傷害による損害は120万円まで、後遺障害による損害は等級ごとに75万円から4000万円まで、死亡による損害は3000万円まで支払われます。
どこの保険会社から加入しても、補償内容は同じです。

自賠責保険の保険料・加入方法、車検について

自賠責保険は、非営利のためどこの保険会社から加入しても保険料は同じです。数年に一度保険料が改定されることがありますが、2016年は以下の通りです。

普通自動車

保険期間 保険料
37ヶ月 40,040円
36ヶ月 39,120円
25ヶ月 28,780円
24ヶ月 27,840円
13ヶ月 17,310円
12ヶ月 16,350円

軽自動車

保険期間 保険料
37ヶ月 37,780円
36ヶ月 36,920円
25ヶ月 27,240円
24ヶ月 26,370円
13ヶ月 16,500円
12ヶ月 15,600円
  • 2015年度及び2016年度の自賠責保険料
  • 沖縄県・離島の場合の地域の金額は含まない

加入できる場所は、自動車保険取扱店の他、ディーラー、自動車整備工場、ガソリンスタンド、コンビニ、カー用品店などがあります。新車購入時は、購入店でそのまま自賠責保険に加入することがほとんどです。新車購入の場合は、次の車検までの36ヶ月または37ヶ月で加入します。

また、自賠責保険の保険期間が、車検有効期間をカバーしていなければ車検証の交付を受けることができません。自賠責保険に加入していることを証明する「自動車損害賠償責任保険証明書」の「保険期間」が、車検有効期間より1日でも多くなっているかを確認しましょう。

普通自動車や軽自動車の車検は2年ごとです(新車購入時のみ3年)。次回の車検に合わせて、24ヶ月または25ヶ月の自賠責保険期間で加入するのが一般的です。

自賠責保険と任意保険の関係

加入が強制されている自賠責保険に対して、加入するかどうか自由なのが任意保険です。 任意保険は、自賠責保険の上乗せ保険といわれています。賠償金に上限金額がある自賠責保険では支払いきれない損害賠償金は、任意保険で補います。 自賠責保険に加入していない場合、たとえ任意保険に加入していても自賠責保険分は補ってくれないので注意しましょう。

傷害による損害賠償金額が400万円の例

多くの交通事故の場合、その損害賠償額は自賠責保険では支払いきれません。また、自賠責保険は被害者の救済を目的としているため、加害者のケガや物損事故の被害は補償してくれません。

もしもの時に備えるには、自賠責保険+任意保険に加入するのが望ましいです。最近では、インターネットから自分で加入できる任意保険も多くあるので、費用やオプションなどを比較しながら検討するのも良いです。

Mr.リードからあなたへ

自賠責保険は強制保険です。加入していないと法律により罰せられるので注意しましょう。また、「自賠責保険の加入」と「車検証の交付」はセットです。自賠責保険期間が車検有効期間をカバーしているか、きちんと確認しましょう。 交通事故の加害者になってしまった場合、自賠責保険に加えて任意保険にも加入していないと、被害者への賠償金を支払えない可能性があります。また、自賠責保険は物損事故や加害者のケガを補償してくれません。任意保険に未加入の方は、そちらへの加入も一度検討しましょう。

交通事故に関する保険について、もっと詳しく知りたい方は、以下のページをご確認ください!

各保険(自賠責保険・任意保険・労災保険・健康保険)について

交通事故被害で困っている方はこちらへ!

交通事故被害の解決診断

[自賠責保険の解説 第2弾]交通事故に遭ったらどうすればいいの?自賠責保険手続きのあれこれでは、交通事故の被害に遭ったときの自賠責保険の具体的な手続きについて解説しています。