交通事故コラム

弁護士に依頼した経験者の声から探る、相談・依頼する際の選び方

交通事故の相談を弁護士にしようと思っても、どういう基準で弁護士を選べばいいかわからないものですよね。弁護士に依頼した経験がある人に話を聞きたくても、身の回りにはなかなかいないもの。
そこで今回は、ミスターリードが行った「過去に弁護士に依頼したことがある人」へのアンケート結果をもとに、相談・依頼する弁護士を選ぶコツをご紹介します。

依頼経験者が実際に行った「弁護士の選び方」は?

弁護士を探した際に使用した手段をすべて選択してください。(複数選択可能)

このアンケートは、過去30年以内に弁護士に依頼をした経験を持つ人に行ったものです。

依頼をする弁護士を探す手段として「友人や知人の紹介」「インターネット」という回答が多い結果になりました。

総合的に一番多かったのは「友人や知人からの相談」ですが、スマートフォンの普及などもあり、近年はインターネットを利用して弁護士を探している人が最も多くなっています。

2016年以降は、毎年40%以上の人が弁護士選びに「インターネット」を利用していることもわかりました。

インターネットで弁護士を選ぶことは、今や当たり前のことになりつつあるようです。

また、交通事故で弁護士に相談をした人に限定すると、「友人や知人の紹介」(31.7%)、「インターネット」(34.1%)よりも「保険会社のオプション」(39%)の割合が多くなっています。

「弁護士費用特約」を使用する際などに、加害者の保険会社から提携する弁護士を案内されるケースが多いことが想定されます。

ただし、保険会社の案内というだけで安心するのはやめましょう。

その弁護士が交通事故被害に精通しているとは限りません。

わかりやすい説明をしてくれるかなども大切です。

案内された弁護士に任せていいか、自分で確認することは忘れないようにしましょう。

弁護士のWebサイトはどこを確認している?

法律事務所のWebサイトではどのような点を注目して確認しましたか?(複数選択可)

続いてご紹介するのは、先ほどの質問で「インターネット」と回答した人が、法律事務所のWebサイトで注目して見たポイントです。

「弁護士費用」という意見が最も多くなりました。

これから相談を考えている人で「弁護士費用が気になる」という人は多いでしょう。

Webサイトに弁護士費用を明確に記載している法律事務所が多いので、気になる人はまず確認してみてください。

もし、確認した法律事務所のWebサイトが、弁護士費用の記載が不明確だとしたら、その法律事務所はあまりオススメできません。

弁護士費用には、相談料、着手金、成功報酬、実費など、色々な費用がありますので、確認してもわからないということもあります。

その場合は、相談時に具体的な費用を忘れずに質問しましょう。

また、交通事故被害をはじめ、個人が抱える法律問題の多くは、無料相談が浸透しています。

そのため、まずは無料で相談できる弁護士を選ぶのがおすすめです。

そのほかでは、「弁護士のプロフィール」、「事務所や弁護士の実績」、「アクセス」なども多い結果となりました。

弁護士、法律事務所がその法律分野でどのような実績や経験を持っているかは、弁護士を選ぶ際のとても重要なポイント。

自分が相談したい法律分野での実績がWebサイトに記載されているかも合わせて確認しましょう。

弁護士を決めた“キメ手”は?

相談する弁護士を探した際にキメ手になったことは?(複数選択可)

このグラフは、弁護士選びのキメ手に関する質問の結果です。

40%以上の人が「任せられる弁護士だと思った」をキメ手として挙げており、ついで「弁護士の人柄が良かった」が多くなっています。

また、上記のうち最もキメ手となった1項目のみを選択する質問では、「任せられる弁護士だと思った」が21%を集め、最も多い結果となりました。

任せられる弁護士だと思う基準は、個人差のあることですが、弁護士を探す際は頼りがいや話やすさなど、人を見て選び、安心感を得た弁護士に相談・依頼をしている人が多いと言えます。

弁護士費用は安いものではありません。

「費用をお支払いしてでもお願いしたい人か」を見極めるのは、みなさんにも弁護士選びで大切にしてほしいです。

「本当に依頼するべきなの?」と迷っている人へ

弁護士への依頼を考えてから依頼するまでにどの程度の日数がかかりましたか。(1つ選択)

こちらは弁護士に依頼することを考えてから、実際に依頼するまでにかかった期間に関する質問の回答です。

「約1週間」という回答が30%で最も多く、「1日以内」に依頼した人は13.7%に留まっています。

依頼するまで1週間以上かかった人に、その理由を聞いたところ、「弁護士に依頼するべきか迷っていた」という意見が41%と最も多くなりました。

「本当に弁護士に依頼するべきなの?」と、今まさに迷っている人も多いでしょう。

過去、弁護士に依頼した人も迷っていたのは同じです。

同じように迷いを抱えながら、一歩踏み出して法律トラブルを解決できたという人がたくさんいます。

「まずは弁護士に相談!」という広告を多く見かけます。

迷っているなら相談して判断してはいかがでしょうか?

  • <調査概要>実施日:2018年9月1日〜2日、対象:20才以上の男女、条件:30年以内に弁護士に依頼をしたことがある人、人数:300サンプル(男女各150サンプル)、調査協力:株式会社マーシュ

Mr.リードからあなたへ

実際に弁護士に相談・依頼をしたことがある人の声は参考になりましたか?法律トラブルを一人で悩んでも解決できないのと同じように、弁護士に依頼するべきか、一人で考えてもなかなか答えは出ません。

話を聞きに行く程度の軽い気持ちで、相談する弁護士を探してみてはいかがでしょうか?

交通事故被害での弁護士の選び方は「弁護士選びのポイント」もご覧くださいね。

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ

このコラムが役に立ったら
いいね!してね

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断