交通事故コラム

後遺障害って何?後遺症と後遺障害の違いは何?

交通事故でケガを負い後遺症が残ってしまうと、今後の不安は膨らんでしまいます。そのような不安を和らげるため、後遺症が残ってしまった場合は傷害の賠償金の他に、後遺症が残ったことによる賠償金も受け取れることがあります。

でも、賠償金は後遺症が残った方全員が受け取れるわけではありません。ここでは、後遺症に対する賠償金を受け取るため、必要な知識をお伝えします。

後遺症が後遺障害であると認められる必要があります

後遺症の賠償金を受け取るためには、その後遺症が後遺障害だと認められる必要があります。後遺症のことはご存知でも、後遺障害は聞いたことがない方も多いと思いますので、後遺障害についてご説明します。

後遺症とはケガの治療を行っても、完治せず、痛みが残ったり、腕や足が事故以前のように動かせなくなってしまったりすることです。一方で後遺障害とは、その後遺症について所定の手続を行い、将来も回復が見込めないとして、「後遺障害等級」が認定された場合のことを指します。

後遺症が残った痛みや障害の全体を指す言葉で、後遺障害は一定の条件をクリアした後遺症にのみ当てはまる言葉だとお考えください。

「後遺障害認定」を申請する必要があります

次に、「後遺障害等級」の認定を受ける方法をお伝えします。「後遺障害認定」という手続を行うことで等級の認定を受けることができます。「後遺障害認定」では、残存している後遺症や受けた検査の結果などを書類にまとめて申請を行い、交通事故によるケガが将来も回復が見込めないこと、後遺障害が残存していることが医学的に認められること、労働能力の喪失や低下があることなどを証明していきます。

そして、無事に証明することができれば、自賠法施行令で定められた「後遺障害等級」の1級から14級のいずれかが認定されます

認定された「後遺障害等級」で、賠償金額が大きく変わる場合も

「後遺障害等級」が認定されると、後遺障害の「逸失利益」や「慰謝料」を受け取る権利を得たことになります。その後は、傷害部分の賠償金と同じように、保険会社と交渉を行います。

後遺障害の賠償金は、交渉だけでなく、後遺障害の等級によっても金額が変わります。認定された等級によって、数字が若い等級ほど、後遺障害部分の賠償金の金額が増額とされます。何級が認定されるかなど、「後遺障害認定」の結果によって、賠償金の金額が大きく左右されるのです。

また、「後遺障害等級」が認定されなかった場合や、納得できない等級だった場合は、「異議申立」という制度で再申請できます。そのため、納得できる「後遺障害等級」をとることが賠償金のためにも大切になってきます。

Mr.リードからあなたへ

 「後遺障害等級」は簡単に認定されるものではなく、正確な書面の作成が必要になります。また、自分の後遺症は、後遺障害の何級が妥当なのかの判断も難しいです。そのため、後遺障害に精通した弁護士のサポートを受けることが、妥当な「後遺障害等級」をとるための近道といえるかもしれません。

ご自身が抱えている後遺症で、何級の「後遺障害等級」が認定されるかについては、事例・体験談が参考になりますので、一度チェックしてみてください。

交通事故の事例集・体験談