交通事故の事例集・体験談

バイク事故被害者の過失割合の引き下げに成功!治療方法も弁護士が的確にアドバイス

会社員(30歳)・男性・バイクで走行中に車と衝突

バイクと車の事例

ケガの状況:右肩打撲、頸椎捻挫
後遺障害:なし
弁護士費用特約を使用

保険会社からの
提示金額
弁護士
交渉後
賠償金
合計
50万円 70万円

事故の状況

バイクで直進中、駐車場に入ろうと右折してきた車に衝突されてしまいました。

車が一時停止するタイミングが遅く、突然右折してきた車を避けようがなかったため、右肩打撲、頸椎捻挫のケガを負ってしまいました。

弁護士に依頼しようと思ったきっかけは何ですか?

肩の治療を継続していましたが施術しても痛みが変わらなくなっていて、いつ通院を終了すべきか悩んでいました。

治療の終了時期についてアドバイスをもらいたいと思い、相談しました。

弁護士交渉の結果と感想を教えてください。

物損被害については先に示談していたので、人身被害について弁護士さんに交渉をお願いしました。

治療については、痛みが少しでも改善しているようなら治療を継続して良いことや、通院頻度についてもアドバイスをもらいました。

示談金について交渉してもらった結果、過失割合が減って、休業損害が1日あたり9,000円も増額しました。

ここに注目!

治療をどれくらい続ければいいのか、通院頻度はどれくらいがいいのか、ケガの部位や状況によって異なります。

治療中から弁護士に相談すると、適切なアドバイスが受けられるため安心です。

この事例・体験談を解決した事務所はこちらです。

弁護士法人・響

Mr.リード認定

第二東京弁護士会
代表弁護士:西川 研一

弁護士法人・響は、専属の担当者が定期的に依頼者の方に連絡を取り、精神的なサポートをすることに力を注いでいます。
交渉力も高いため、安心して示談交渉を任せることができます。
まずは、相談してみませんか?

電話でさらに聞いてみる(通話無料)

0120-102-357

メールで質問を送る

この事務所の詳細や費用をみる