交通事故の事例集・体験談

バイクで走行中に衝突事故!自営業でも示談金が270万円以上の増額!

自営業(50代)・男性・バイクで走行中にバイクと衝突

バイクとバイクの事例

ケガの状況:全身打撲、亀裂骨折
後遺障害:併合14級

保険会社からの
提示金額
弁護士
交渉後
賠償金
合計
0 276万円

事故の状況

50代の男性が交差点を直進中、右折してきたバイクに衝突されてしまいました。事故によって、全身打撲亀裂骨折のケガを負いました。

弁護士に依頼しようと思ったきっかけは何ですか?

被害者請求をするために自分で書類をそろえ後遺障害申請を行いました。

認められた後遺障害等級認定は併合14級でしたが、自営業だったため保険会社は休業損害の求めに応じてくれず、困り果てて専門家の力を借りようと相談しました。

弁護士交渉の結果と感想を教えてください。

休業損害を認めてもらうよう弁護士の先生が、私の取引先に事実確認をとってくれ、必要な書類の取り付けまで行っていただき、保険会社と交渉を行ってくれました。

すると、休業損害の請求額が満額認められ、逸失利益の基礎収入についても確定申告年収の5年分を認めさせることができました。

弁護士の先生の的確な交渉によって、結果的に示談金が276万円も増額になりました。あの時泣き寝入りしなくて本当に良かったです。

ここに注目!

自営業の場合、保険会社が「休業損害を認めない」場合があります。

弁護士に交渉を依頼すれば、必要な証拠を集めて休業損害を認めさせることも可能です。保険会社の言いなりにならず、きちんと請求できるようにしましょう。

診断して、弁護士に交渉を依頼する