交通事故の事例集・体験談

弁護士介入で、後遺障害が認定されて慰謝料も増額!

会社員(40代)・男性・車で停車中に後方から追突

車と車の事例

ケガの状況:頸椎捻挫、腰椎捻挫
後遺障害:併合14級

保険会社からの
提示金額
弁護士
交渉後
賠償金
合計
150万円 180万円

事故の状況

車で走行中、道路に人が飛び出してきそうだったので停止したところ、後続の車に追突されてしまいました。

事故の影響で、に痛みや痺れが残るケガを負ってしまいました。

弁護士に依頼しようと思ったきっかけは何ですか?

まだ痛みが残っていたのですが、主治医からは治療終了だと言われました。

後遺障害に該当するなら申請したいと思いましたが、できないならせめて慰謝料を増額して欲しいと思い、弁護士に相談することにしました。

弁護士交渉の結果と感想を教えてください。

弁護士さんに依頼した時点で治療費の打ち切りの話が出ていたのですが、弁護士さんに交渉してもらって1ヶ月間治療を延長することができ、納得いくまで治療ができました。

また、後遺障害の申請をするために必要な検査(MRI)もすることができ、後遺障害14級が認定されました。

慰謝料も裁判基準の9割まで増額。
結果として、後遺障害の等級も獲得して、慰謝料も増額できたので大満足です。

ここに注目!

後遺障害の認定に有益な検査を弁護士がアドバイスすることで、スムーズに等級が認定され、結果的に賠償金全体が増額することは、よくあります。

後遺障害が認定されるのと、されないのでは、受け取れる賠償金に大きな差が出ます
一人で悩む前に、まずは弁護士に質問してみましょう。Mr.リードなら、信頼できる弁護士に今すぐ相談できます。

この事例・体験談を解決した事務所はこちらです。

弁護士法人・響

Mr.リード認定

第二東京弁護士会
代表弁護士:西川 研一

弁護士法人・響は、専属の担当者が定期的に依頼者の方に連絡を取り、精神的なサポートをすることに力を注いでいます。
交渉力も高いため、安心して示談交渉を任せることができます。
まずは、相談してみませんか?

電話でさらに聞いてみる(通話無料)

0120-102-357

メールで質問を送る

この事務所の詳細や費用をみる