交通事故の事例集・体験談

治療途中に産休に。弁護士が適正な方法で請求し増額へ

会社員(30代)・女性・車で停車中に後方から追突

車と車の事例

ケガの状況:頸椎捻挫
後遺障害:なし
弁護士費用特約を使用

保険会社からの
提示金額
弁護士
交渉後
賠償金
合計
83万円 130万円

事故の状況

交差点にて停車していたところ、後方から追突されてしまいました。

頸椎捻挫のケガを負い、治療のために仕事を休まなければならず、その間に産休期間になってしまいました。

弁護士に依頼しようと思ったきっかけは何ですか?

保険会社から賠償金額の提示を受けましたが、それが妥当なのかわかりませんでした。

また、妊娠中に交通事故に遭ってしまい、ケガを治療している期間に産休に入ったため、その辺りの損害をどのように考えたらいいのか相談したいと思いました。

弁護士交渉の結果と感想を教えてください。

産休期間は、主婦の休業損害として損害額を計算してもらいました。

相手方の保険会社にもそれを認めさせることに成功して、約50万円も増額する結果になりました。

何もしていなかったら、産休期間の補償は受けられていなかったかもしれないので、弁護士さんに依頼してよかったです。

ここに注目!

交通事故によって収入が減った場合、どうやってその分の補償を得るのかは、人それぞれ違います。

サラリーマン、主婦、自営業、学生などで計算方法が異なり、得られる金額もそれまでの収入に応じで大きく変わります

自分にとって妥当な金額を知りたい場合は、弁護士に計算してもらうのが近道です。

この事例・体験談を解決した事務所はこちらです。

弁護士法人・響

Mr.リード認定

第二東京弁護士会
代表弁護士:西川 研一

弁護士法人・響は、専属の担当者が定期的に依頼者の方に連絡を取り、精神的なサポートをすることに力を注いでいます。
交渉力も高いため、安心して示談交渉を任せることができます。
まずは、相談してみませんか?

電話でさらに聞いてみる(通話無料)

0120-102-357

メールで質問を送る

この事務所の詳細や費用をみる