交通事故の事例集・体験談

「もらい事故」でも主婦の休業損害を認めさせることに成功!示談金120万円で解決

主婦(20代)・女性・車で停車中に後方から追突

車と車の事例

ケガの状況:頸椎捻挫
後遺障害:なし
弁護士費用特約を使用

保険会社からの
提示金額
弁護士
交渉後
賠償金
合計
73万円 120万円

事故の状況

信号待ちで停車していたところ、前方不注意の車に後方から追突されてしまいました。

頸椎捻挫(むち打ち)の痛みの影響で、日々の家事が思うようにできませんでした。

弁護士に依頼しようと思ったきっかけは何ですか?

過失割合は0でしたが、相手の保険会社から治療終了と言われ、今後が心配になり相談することにしました。

保険会社から提示された金額も、きちんとしたものなのか怪しいと思って、それも相談したいと思いました。

弁護士交渉の結果と感想を教えてください。

弁護士さんに交渉してもらったら、主婦の休業損害傷害慰謝料があわせて46万円も増額されました。

その結果、示談金の総額が120万円になり、適正な補償を受けとることができました。

専業主婦だったため、どこまで補償されるか不安でしたが、弁護士さんに相談して本当に良かったと思います。

ここに注目!

停車中に追突された、いわゆる「もらい事故」のときは、ご自身が加入する保険会社は、加害者と示談交渉を行ってくれません。

そのようなときは弁護士に交渉を依頼するのがベストです。手続きがスムーズになり、妥当な補償を受けることができます

この事例・体験談を解決した事務所はこちらです。

弁護士法人・響

Mr.リード認定

第二東京弁護士会
代表弁護士:西川 研一

弁護士法人・響は、専属の担当者が定期的に依頼者の方に連絡を取り、精神的なサポートをすることに力を注いでいます。
交渉力も高いため、安心して示談交渉を任せることができます。
まずは、相談してみませんか?

電話でさらに聞いてみる(通話無料)

0120-102-357

メールで質問を送る

この事務所の詳細や費用をみる