交通事故の事例集・体験談

保険会社から治療費の打ち切り!弁護士交渉で2ヶ月間延長して治療可能に

会社員(20代)・男性・車で停車中に後方から追突

車と車の事例

ケガの状況:頸椎捻挫
後遺障害:なし
弁護士費用特約を使用

保険会社からの
提示金額
弁護士
交渉後
賠償金
合計
0 85万円

事故の状況

車で停車中に後ろから追突され、むち打ち(頸椎捻挫)のケガを負ってしまいました。

ケガの影響で、長期間の通院を余儀なくされました。

弁護士に依頼しようと思ったきっかけは何ですか?

事故から3ヶ月を過ぎた頃、保険会社から「来月で治療費を打ち切る。それ以降は自費で通院して欲しい。」と一方的に連絡がきました。

なぜ保険会社に治療期間を決められないといけないのか、来月までにケガが治っていなかったらどうすればいいのか不安になったため、弁護士さんに相談することにしました。

弁護士交渉の結果と感想を教えてください。

弁護士の先生の交渉で、2ヶ月間治療を延長することができ、治療を半年続けることができました。

また、家から病院までの交通費に関して、保険会社と折り合いがつかずに揉めていたのですが、弁護士の先生が何度も交渉してくれた結果、慰謝料に5万円を上乗せする形で増額してくれました。

その結果、裁判基準の9割の入通院慰謝料を受け取ることができました。

ここに注目!

むち打ちの場合、まだ痛みがあるにも関わらず、保険会社から治療費を打ち切ると言われてしまうことが多くあります。症状があるときは保険会社の言いなりにならずに、治療の継続を交渉すべきです。

弁護士に依頼すれば、弁護士が保険会社と交渉してくれます。

この事例・体験談を解決した事務所はこちらです。

弁護士法人・響

Mr.リード認定

第二東京弁護士会
代表弁護士:西川 研一

弁護士法人・響は、専属の担当者が定期的に依頼者の方に連絡を取り、精神的なサポートをすることに力を注いでいます。
交渉力も高いため、安心して示談交渉を任せることができます。
まずは、相談してみませんか?

電話でさらに聞いてみる(通話無料)

0120-102-357

メールで質問を送る

この事務所の詳細や費用をみる